【コラム】ドゥードルフィーバーの謎の記事一覧│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

スポンサードリンク

ドゥードルフィーバーの謎 

2014/12/06 15:37/Sat
doodle9.jpg
初めまして。
こちらの管理人の相方として、たまに文章の端に登場しますvissoと申します。
たまにはゲーム紹介だけではなく、その周辺のあるモノの話題もしてみよう
ということで、ボドゲ好き管理人の周辺にいる私が何か書いてみることにしました。
お暇でしたら、どうぞお付き合いくださいませ。


ボードゲームのプレイや収集に傾倒しておりますと、様々なゲーム情報を仕入れると思います。
新作ゲームはもちろん、再販、絶版、タイトルを変えた復刻、限定版、同人ゲームなど様々な様相のものがあります。
ボドゲ愛好家の皆様におかれましては、未知のゲームを発見する喜びもあるかと思われます。
ここの管理人も例外ではなく、私もそのような話題を耳にする機会が多いわけです。

私のボドゲ熱はいかほどか、と申しますと
管理人のむぎぽんさん程ではないけど、そこそこには、といった具合です。
例えば、ニュースなどでボードゲームの記事を扱っていれば
気になってネットで調べる程度には好きです。

また、私は海外ドラマも好きで、週に何本か観ています。
最近はBS局も増え、様々な国のドラマが観られる環境にあり、嬉しい限りです。

私は最近、BS日テレで新シーズンが始まった探偵ドラマの
「名探偵モンク」を毎週楽しみに観ています。
先日、第3シーズンの3話目が放映されていたのですが
冒頭で主人公達がボードゲームに興じるシーンがありました。

ボードゲームの名前は「ドゥードルフィーバー」(DOODLE FEVER)
聞いたことはありません。
気になってネットで調べる程度には…そりゃもちろん調べますよね!


出てきません。
もしかして:google fever
とまで検索に出てくる程に出ません。


そこで、もう少し推測してみることにしました。
幸いにも英語のみですがyou tubeに動画がありましたので、もう一度観てみることにしました。

https://www.youtube.com/watch?v=CevLqVKfoLg#t=45s
名探偵モンク 第3シーズン3話 ゲームのシーンは0:46~2:48くらい、途中別シーンもあり

doodle1.jpg
シャローナ(モンクのアシスタント)「新しいゲーム買って来たわよ、ドゥードルフィーバー」
モンク(主人公、探偵、神経症)「嬉しいな、ゲーム大好き」(イヤそう)

doodle2.jpg
ベンジー(シャローナの息子)「僕が絵を描くから、何の絵か当ててね。2分で」
(中略)

doodle3.jpg
シャローナ「じゃあ、始めっ」(砂時計をひっくり返す)

doodle4.jpg
モンク「はぁ~」(やっぱりイヤそう)
モンク「一本の線」(ベンジーの絵を見ながら)
モンク「ちょっと曲がった線」
モンク「線。書き損ねの線」
モンク「二本線。平行じゃない二本線」
モンク「不揃いだ、不揃いの二本線」

doodle5.jpg
(ベンジー、溜息)
モンク「非対称形、左右対称じゃないもの、非対称のゆがんだ物体!」
モンク「ねぇ、近づいてる?」
ベンジー「全然」

doodle6.jpg
モンク「これは~、えっと~」(結局夢中になってる)
シャローナ「はい、時間切れ~」


このようなゲーム内容です。
ゲーム紹介として見るなら、最低のプレイ内容ですが
ドラマ名探偵モンクは、主人公の極端に神経質なところが笑いどころとして扱われていますので
ゲームのシーンは人物紹介のようなものです。

ちなみにこのゲームシーンは物語には何も関係なく
ちょこちょこ挿入される別場面がメインの話になります。


さて、この場面。

doodle2.jpg
よく見ると、ゲームボードも使うようです。
あとわかりにくいですが、箱に「DOODLE FEVER」のロゴがあります。
これだけ立派な箱があるのですから、昔のゲームだとしても
検索すれば出るのではないだろうか、と思うのですが…
出てきませんでした。


次の日、むぎぽんさんに電話をして聞いてみることにしました。
ドゥードルフィーバーというお絵描きゲームだと伝えると
「テレストレーションとか、エセ芸術家ニューヨークへ行く、というのもあるけど」
「名前を変えた再販とかもあるのでは」
なるほど…
ゲームマーケットで買った「ジャンボ→アサンテ」みたいなものでしょう。


そして、「お絵描き ボードゲーム」で検索すると
こんなページを発見。
http://allabout.co.jp/gm/gc/215887/

ボードの色が違うけど、マスが同じ感じがする!!
たぶんコレだ!!

doodle7.jpg
「ピクショナリー」ですね。
こちらの20周年版はボードの色も似ています。これで確定でしょう。
おそらくドラマ内では、スポンサーなどの問題もあるのか
商品名を別のものにしたのかもしれません。

ルールによると、2分以内に絵を描いて当てられたらコマを進める、とあり
恐らくドラマ内でゲームが継続し、モンクが絵を描くことになっても
線にこだわったり消したりを繰り返し、2分で線を一本引けるレベルだと思いますので
ゲームが成立しなさそうです。

このピクショナリーは定番のパーティゲームらしく
再販や派生版がいくつもあるようです。
派生版があるなら、ドゥードルフィーバーなんて名前のもあるのでは
と思ってまた探しましたが、いくらやっても見つかりませんでした。


ちなみにこれをこちらで紹介する機会はわかりませんが
結構言語依存するゲームっぽいので、語学力の乏しい我々にはきつそうです。
そこで日本語版ピクショナリーをプレイしたと想像し、何か描いてみましょう。
ちゃんと伝わるでしょうか?

この絵は何を表現しているでしょう。

doodle8.jpg
2分以内に描いた絵です。
こういうのを当てて、ゲームが進んでゆくのでしょう。
回答は、次回のむぎぽんさんのブログに書いてもらうことにします。


名探偵モンクは現在、BS日テレで毎週水曜の23時より第3シーズンが放送中です。
基本一話完結型の推理もので、初見でも安心して観られる作品ですので
興味がありましたら、見てみてくださいね。


長々と書いてしまいましたが
ここまで読んでいただきましてありがとうございました。
今後とも、時々よろしくお願いします。


文責 visso



これまで沈黙を保っていた相方が突如、「コラム書く!」と言い出したのがこちらである。
ボドゲユーザーとしてはこうした意外なところであらわれるゲームについつい注目して
しまうのは悲しいサガだと思う。
ちなみに出題された画像の答えはこちら↓


管理人「わかった! もこみちか!」
相方「いや、オリーブオイル」
管理人「え~、今どきならむしろ、もこみちだろ」
管理人「というか、ビンを持つ手、かなり無理あるな」

相方「指の位置、間違えたわ」



スポンサーサイト
ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:【コラム】ドゥードルフィーバーの謎 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。