フリート・コマンダーの記事一覧│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

スポンサードリンク

フリート・コマンダー 

2015/02/02 21:12/Mon
フリート・コマンダー01
デザイン:アントワン・バーゲラ他
プレイ人数:2人


よう、どうした?
ガラにもなく緊張してるのか?
なに、俺の地獄の訓練を乗り切ったお前なら、必ずこの宇宙で
武勲をあげられるさ。
『司令官(コマンダー)、至急ブリッジへお越しください。
繰り返します、司令官―――』
よし、いけ!
これまでの教訓を、披露してこい!




今回は宇宙を舞台に戦艦同士によるミニチュア・ウォーゲーム。
この手のミニチュアゲームはやたらと処理しなければならない
ルールが多く、相方は若干ゲンナリ気味だったが、
どうにか説得して遊んでみた。

フリート・コマンダー02
ゲームボード。
5×5の大きめなマスで仕切られ、この中で宇宙戦艦達が火花を散らす。

フリート・コマンダー03
こちらはコマとなる戦艦のミニチュアモデル。
精巧な作りがゲームの臨場感を嫌が応にも高めてくれる。
ミニチュアを支える台座には戦艦のレベル、耐久力などが記されており、
台座のダイヤルを回す事で現在の耐久力が即座にわかる作りとなっている。

フリート・コマンダー04
好きなデザインのミニチュアを各自担当し、ボードの端に並べてゲームスタート。
ちなみに1つのマスに複数の戦艦を置くには、戦艦の合計レベルが5以下に
なるようにしなければならない。

スタート前には各プレイヤーに赤、黄、緑のダイスがそれぞれ3つずつ渡されており、
手番プレイヤーはまず、その中から好きな組み合わせで3つを選択して振る。
ダイスの色にはそれぞれ、赤なら攻撃、黄なら移動、緑なら防御といった意味があり、
状況に応じてどの色のダイスを振るべきかを的確に判断していかなければならない。
ダイスを振ったら、あとはその結果に応じて処理を進めるわけだが、
移動及び攻撃にはそれぞれ特別状況に応じたルールが適用される。

移動の場合、1つのマス目に複数の戦艦が存在していたならば、
その内の1つだけではなく、その全体あるいは一部だけを移動するかを
選ぶ事が可能。
逆を言えば1つのダイスで移動処理をおこなうのはコマ1つではなく、
1つのマス目全体に対する処理が可能という事となる。
また攻撃の際は移動と違い、1つの自戦艦と対象となる敵戦艦をそれぞれ選んで
処理をするわけだが、もしこの時に敵戦艦の周囲8マスの中に他の自戦艦が
存在していたら、これらの戦艦も敵に一斉攻撃を仕掛け、大ダメージを与えてくれる。
敵に攻撃を与えるならば、まずは敵コマを囲むように陣取りをおこなってからの方が
効率がよくなるのだ。
これらのシステムがゲームの長ったらしい処理を一気に縮めてくれる。

フリート・コマンダー05
ダイスを振ったところ。
ダイス目はクロス(十字)、×、周囲全体(8マス全てのマスを対象にできる)、
特殊エネルギーの4種類。
エネルギーの処理については後述。

フリート・コマンダー06
移動例。
戦艦2つを一斉に左斜め前に移動させた。
スタート時にも述べたが、1つのマス目の自戦艦が存在できるのは合計レベルが
5以下とならなければならないので、進みたい方向に自戦艦があった時は
移動前にレベルの合計を計算しておこう。

フリート・コマンダー07
こちらは攻撃例。
同じマスに2つの自戦艦があるので、敵戦艦に2隻同時アタックが可能となる。
ちなみに対象として取れる敵戦艦はダイス1つに付き1隻のみなので、
この状況で攻撃を敵戦艦2つに分散しての攻撃はできない。
(左のは左、右は右の戦艦を攻撃といった感じ)

緑のダイスは相手の攻撃をブロックする役目があるのだが、
このダイスだけは自ターン中には使用はできない。
ではどのように処理をするかというと、各プレイヤーにはそれぞれ小さ目の
固有ボードが渡されており、その上に自ターン中に振ったダイスの中で緑のダイス、
あるいは使用しなかった他の色のダイスを最大で2つまで保管する事ができる。
保管したのが緑のダイスならば、相手ターン時に攻撃を受けた際にダイスを消費
する事でガードができ、他の色のダイスならば通常1ターン中に最大3個までしか
使用できないダイス処理を消費した分だけ増やす事が可能。
例えば事前に赤のダイスを2つ保持しておいて、次のターンで黄のダイスを3つ
振って一気に相手との距離を縮めつつ、保持していたダイスを使って一気に畳み掛ける
などの戦略が可能となるのだ。

フリート・コマンダー08
相手から攻撃を食らった!
しかし、事前に保持してた緑ダイスを使って被害を軽減する事ができた。

フリート・コマンダー09
ダイス保持例。
ボード右にもダイスを置く場所があるが、こちらは特殊エネルギー目のダイスのみを
保管しておける箇所となる。

各プレイヤーはゲーム開始時にお互いに1つだけ大型戦艦を受け持つ事となるわけだが、
この戦艦にのみ備わった特殊兵装が存在する。

フリート・コマンダー10
こちらがその一覧。
相手に大ダメージを与えたり、敵コマを強制的に移動させたり、自軍のダメージを
回復させたりなど様々な効果がある。
プレイヤーは各自、ゲーム前にこの特殊兵装の1つを選択して自ボードの上に設置する
事で、いわゆる必殺技が使用可能となる。
ただし、兵装を使うには先ほどから話題にのぼっていた特殊エネルギーを同じく
自ボードの上に2つ保持していなければならない。

フリート・コマンダー11
エネルギーチャージ完了!
ヴォルテックス・ミサイルが遠く離れた相手戦艦に襲いかかるだろう!

特殊兵装は、自軍の巨大戦艦が生き残っていた場合のみ使用可能なので、
ゲーム中はなるべく互いの巨大戦艦を守りつつ戦闘を続けていく事が
勝利のカギとなるのだ。

フリート・コマンダー12
ふはは!
わざわざミサイルを喰らいに敵巨大戦艦がのこのこやってきおったわ!
いまこそ鉄槌の時!

こうして移動、攻撃、防御を駆使し、互いの戦艦を沈めあい、
どちらかの撃墜戦艦の合計レベルが8を超えたらゲーム終了。
勝利の美酒を味わおう。

以上がゲームの基礎ルールとなるが、このゲームでは他にも選択ルールが多数
用意されており、ゲームが飽きないように工夫されている。
以下はその一部となる。

小惑星帯・超重力惑星ルール
ゲームに同梱されているマス目と同じ大きさのボードをゲーム開始前に
好きなマス目に置く事で、そのマス目に戦艦が侵入した時に特別な処理が発生する。

フリート・コマンダー13
小惑星帯ボード。
このマス目に入った戦艦は、一切の攻撃を受けたり与えたりする事がなくなる。
いわば安全地帯ボード。
ただし、毎ターンダイスを1つ振って、特殊エネルギー目が出てしまうと、
それだけで戦艦にダメージが入ってしまうので長居は難しい。

フリート・コマンダー14
超重力惑星ボード。
このマスに戦艦が入った場合、即座にダイスを1つ振る。
振った目に応じ、その戦艦を更に移動させる処理をおこなう必要がある。
うまく使えば1つの黄ダイスで2マス分進めるので便利だが、
ここでもエネルギー目が出てしまうとダメージを食らった上に元のマスに戻される
という手痛いしっぺ返しがあるので使いドコロは慎重にしたい。

フリート・コマンダー15
こちらは索敵ルール。
通常ゲーム準備時には、各自戦艦コマをマス目に設置するわけだが、
このルールの場合、まずは裏にレベル数の描かれた索敵チップを戦艦コマのかわりに
並べる。
つまりゲーム開始時には互いにどこのマスにどんなレベルの戦艦がいるのかが
わからないままゲームが始まる。
相手の正体を暴くには、まず互いのチップを攻撃可能な距離まで移動させ、
通常の攻撃処理と同じく相手チップに攻撃を加えるのだ。

フリート・コマンダー16
するとこんな感じで相手チップが裏返り、戦艦レベルが判明。
即座にチップは該当するレベルの戦艦コマに置き換えられ、以後は通常通りの
ゲーム進行となる。
ただしチップの中にはダミーと呼ばれるチップも存在するので、
囮に使われたりする事もあるので慎重に相手の動向を伺う必要がある。



レビュー:
これはメチャクチャ面白い!
相方が危惧していたようにこれまでのミニチュアゲームというとディセントや
マンション・オブ・マッドネスといったコンポーネントどっさり、ルール複雑、
1ゲームも数時間に渡るなど繰り返しのプレイに支障がでるレベルだったが、
こちらはだいたい1ゲーム1時間以内に終われるので、何度も遊んでみたくなる。
本文でもふれたが、1つのダイスで複数の戦艦の処理ができるというルールが
非常にうまく働いてくれているのだ。
また、追加の選択ルールやキャンペーンモードなど、何度遊んでも新鮮な気持ちで
ゲームに取り組める仕組みになっているのも嬉しい限り。
当面、このゲームに関しては遊び倒したい気分で一杯である。
この記事を書いている段階ではどこのショップでも売り切れてしまっているが、
ぜひこれは再販していただいて、この手のミニチュアゲームに抵抗のある人にも
遊んでいただきたい。
またこのゲーム、本国でもよほど人気があるのか拡張の話もすでに出ているようだ。
詳細はこちらで読んでいただくとして、ぜひこれらの拡張も日本で売り出される事を
祈っている。


スポンサーサイト
ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:フリート・コマンダー | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。