ルインズエクスプローラーの記事一覧│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

スポンサードリンク

ルインズエクスプローラー 

2013/05/12 17:09/Sun
ルインズエクスプローラー01

メーカー: チーム桜刻館
プレイ人数:2人

遺跡発掘はこの世界での花形職業です。
あなたはそんな遺跡発掘のプロを育成する学校の生徒として、
今日も仲間たちと遺跡へと足を踏み入れます。
はたしてそこには何が待ち受けているのでしょうか……。




ゲームマーケット初参加記念、第2弾は遺跡発掘をテーマとしたカードゲーム。
プレイヤーは発掘のプロを育成する学校の生徒として、
実地訓練も兼ねた遺跡発掘へと向かう。
カードの絵柄から初めはどんなものかと思っていたが、
公式のマニュアルを読んで思った程悪くないのかもと思い直し買ってみた。

ルインズエクスプローラー02
まずゲームの準備として、すべてのカードをシャッフルした後に1枚ずつめくる。
そこに描かれたダイスの目が大きい方がスタートプレイヤーとなる。
再びシャッフルをし直したら6枚ずつ手札を配りゲームスタート。

手番がきたらまずは「サーチ」をおこなうかを決める。
サーチは遺跡内のお宝を探すアクションで、このゲームで最も軸となる部分である。
しかしサーチをおこなうには条件があり、
①3、6、9枚目のダンジョンカードを場に出している
②相手プレイヤーから出されたモンスターカードが場に存在していない
この2つを満たしていないとならない。
もしこれらの条件が満たされているならば宣言をして、場のダンジョンを裏返す。
その後、山札からカードをめくりそこに描かれたダイス目からどのお宝が発見されたかが決まる。
カードの中には空白のダイス目もあり、その場合はサーチ失敗。
次のサーチチャンスまでダンジョンカードを進めなければならない。

ルインズエクスプローラー03
めくったカードはこのようにダンジョンカードの脇に並べる。
もうこのカードはゲーム中では使用できない。

サーチが終わったら手番はここで終了。
次のプレイヤーに番は回る。

もしサーチ条件が揃っていない場合、山札からカードを1枚めくってメインフェイズに移行する。
メインフェイズでできる事は次の3つ。

1つは手札からダンジョンカードをプレイする、対戦相手のダンジョンにモンスターカードを
プレイする、もしくはその両方をおこなう。
2つ目は相手にプレイされたモンスターを、手札のキャラカードやスキルカードで排除する。
3つ目は、上記2つのどちらもできない(やりたくない)場合に追加でカードをドローする。

この3つの内のどれかをおこなった後、手札を6枚以下にするディスカードフェイズをおこない
手番は終了、手番が相手に渡る。
あとはこれを繰り返して、どちらかが先に3段目のサーチを終えるか、
山札がなくなったらゲーム終了。
サーチで見つけたお宝や、排除したモンスター、手札に残ったキャラカードを総合して、
最終得点を競っていく。

ダンジョンカードの並べ方にはルールがあり、
1~3枚目、4~6枚目、7~9枚目でそれぞれ段を作っていく。
それぞれの段が遺跡の階層を意味し、サーチの際の獲得できるお宝の判断基準となる。
各階層で同じダイス目を出しても、獲得できるお宝はまったく違う物となるのだ。
そしてモンスターカードのプレイについてだが、
モンスターにはそれぞれランクがあり、対戦相手のダンジョンの階層具合によって
プレイできるモンスターが決まってくる。
初手で強力なモンスターが手札にあっても、すぐにそれを相手にプレイができないように
なっている。

ルインズエクスプローラー04
階層よりも強いモンスターはすぐに出せないので注意。

ルインズエクスプローラー05
そしてモンスターの排除方法は、「TSシステム」というじゃんけんシステムでおこなう。
モンスターカードに描かれたじゃんけんの目に対し、手札のキャラカードのじゃんけん目が
勝ってれば、それを捨て札にして排除成功。
もし目がアイコでも、その下のバトルポイントが上回っていればそれでも勝てる。
またキャラカードは2枚以上でのプレイも可能であり、その分バトルポイントを上乗せ処理できる。
倒したモンスターはゲーム終了時の得点となるが、手札に残ったキャラも得点となるので、
できるだけキャラカードを使わずに排除したいところである。
また、キャラの中には特殊効果を持つカードも含まれており、モンスターを倒すのに使うか、
ディスカードフェイズで捨て札にするかによって効果が発動される。
同じターン内で追加のダンジョンカードをプレイできたり、サーチを緊急でおこなうなどの
アドバンテージを得られるようになっている。

ルインズエクスプローラー06
また画像のようにカードの中には「ケガ」カードが手札に入り込む場合があり、
このカードはディスカードフェイズ時に直接捨てる事ができず、手札を圧迫する。
その場合は「治療」効果のカードを出したり捨てる事で一緒にカードを捨て札送りにできる。

ルインズエクスプローラー07
「ジョーカー」カードはゲーム中に出てくるあらゆるカード効果のかわりとして使用ができる。
うまく使って更なるアドバンテージの獲得に利用したい。


プレイレビュー:
購入当初は気がつかなかったが、以前にレビューした「ミールボーン」を元ネタにしたカードゲーム、
「モンスターメーカー」のシステムを踏襲しているとの話をネットで読んだ。
確かに1つ1つを確認してみるとその様子を伺えるが、カードを捨てて効果を発動させるなどの
独自性もあり、決して悪くはない。
山札切れによるゲームセットのシステムは、無駄にゲームを長引かせない分、
テンポの良さも感じられる。
モンスターメーカーは未プレイの為に比較できないが、ミールボーンよりも気軽なプレイは
楽しめる。
絵柄さえ気にならなければ十分に遊べる内容とは言えるだろう。
さすが古典名作ゲームを踏襲しているだけの事はある。

しかし、キャラ物のデメリットとしてやはり値段が高い。
通常版でもカード40枚で2500円という値段は、同じゲームマーケット内で購入した
「仮面の使者」やワンドローのゲームを思うと、複雑な物を感じる。
また、このゲームには限定版と呼ばれるバージョンがあり、6枚のカードが追加されて
3000円もする。
この追加カード、キャラカードを入れ替えて遊ぶとあるが描かれているイラストを除いて
カード効果にはなんら変化はなく、これらを使用したアドバンスルールなども存在しない。
管理人は確認不足で限定版を買ってしまったが、普通に遊ぶ分には通常版で十分である。

ルインズエクスプローラー08
カード6枚に500円プラス。
高いと思うかは、その人次第である。


 

スポンサーサイト
ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:ルインズエクスプローラー | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。