それはオレの魚だ!の記事一覧│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

スポンサードリンク

それはオレの魚だ! 

2012/12/10 02:07/Mon
それはオレの魚だ!01
メーカー: アークライトゲームズ
プレイ人数:2人~4人


氷の上では今日もペンギン達が大騒ぎ!
誰が一番多くの魚を獲得できるでしょうか。
「おい!それはオレの魚だぜ!」




アブストラクトゲームとしては初心者でも気軽に遊べるという他サイトでの評価と、
価格のリーズナブルさに購入を決めた。

ルールは非常に簡単で、並べられた六角形の氷タイルの上に乗せたペンギンのコマを動かし、
タイルに描かれた魚を集める。
最終的に一番魚を多く集めたプレイヤーが勝ちとなる。

それはオレの魚だ!02
スタート時の状態。
ペンギンは魚が1匹だけ描かれたタイルの好きなところに順番に配置する。

それはオレの魚だ!03
自分の番が来たら、自分の色のペンギンをどれか1つだけ動かそう。
ペンギンは6方向の好きな方角に好きなだけ動かせるが、途中で曲がる事はできない。

それはオレの魚だ!04
ペンギンを動かした後は、動かす前に乗っていたタイルを獲得。
そこに描かれている魚の数が勝利点となる。

それはオレの魚だ!05
タイルの空いた場所は侵入不可となり、徐々に行動範囲が狭まっていく。

それはオレの魚だ!06
右の1マスだけ隔離されたペンギンのようになったら、もうそのコマは動けない。
できるだけ相手のコマを隔離しつつ、自分が獲得できるタイルの範囲を多く取っていこう。

こうしてタイルを獲得していき、最後に誰も動く事ができなくなったらゲーム終了。
獲得したタイルの描かれている魚の数の合計値で勝敗が決まる。



プレイレビュー:
ゲームとしての気軽さもさることながら、奥の深さも垣間見える素晴らしいデキだと思う。
過去に何度もリメイクされた定番ゲームであり、人気の高さもうかがえる。
プレイ感覚としてはオセロや囲碁のような陣取りゲームに近い。

自分が所持しているのは、日本メーカーのアークライトがリメイクした作品であり、
ペンギンコマがなかなかユニークな出来栄えだったりする。
初心者のアナログゲーム導入としても充分に利用可能かと思われるので、
身近の人を誘う際に役立ててみてはいかがだろうか。


それはオレの魚だ!07
コマ1つ1つの造形が違うところが芸が細かい。



スポンサーサイト
ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:それはオレの魚だ! | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。