カタンカードゲームの記事一覧│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

スポンサードリンク

カタンカードゲーム 

2012/08/26 02:28/Sun
カタンカードゲーム01
メーカー:Kosmos
プレイ人数:2人~4人




別ページでレビュー済みの『カタンダイス』があまりにアレなデキだった為、
今度こそはと2人プレイから遊べるこちらのカード版カタンを購入。

カタンカードゲーム
ゲームの手順は、手札に配られたカタンでもおなじみの資材カードを山札、
あるいは場から交換していき、道や街、都市などを建築していく。

カタンカードゲーム
こちらが道と騎士のカード。
どちらもリバーシブルとなっており、獲得した枚数によりカード効果が増加したり勝利点になったりする。

カタンカードゲーム
こちらは街カード。
裏側には2つの効果が別々に記載されており、街を発展させた際にその効果が発動される。
それまではどちらの効果が記載されているかはわからない。

カタンカードゲーム
立派な建物の都市カード。
カードとしての大きな効果が期待できる他、勝利点としても単純に高く、ゲーム勝利の要となる存在である。
ちなみに各カードの下部分のカタンマークが勝利点となっている。

カタンカードゲーム
資材を運用しながら、これらの道や建物などを建築して先に勝利点10点に到達した方が勝利となる。



プレイレビュー:
別のサイトではこれでも本家カタンには及ばないという評価を目にした事もあったが、
管理人には充分にゲームになっていて楽しい印象だった。
資材の運用もそうだが、道や騎士に至っては場に登場させる数に限りがある為に、
以降は別プレイヤーとの奪い合いとなる。
街の発展による間接的な攻撃や、どの都市を優先的に獲得していくかを考えるジレンマなど、
遊んでいて充実した時間が過ごせた感覚だった。
ルールもさほど重い感じはなく、プレイ時間にしても軽目なので、
ちょっと時間のある時などに手軽に楽しめるのもグッドである。
旅先などに持っていき、仲間達と軽く遊んでみてもいいかもしれない。


   

スポンサーサイト
ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:カタンカードゲーム | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。