カタンダイスゲームの記事一覧│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

スポンサードリンク

カタンダイスゲーム 

2012/08/25 13:13/Sat
カタンダイス01
メーカー:Kosmos
プレイ人数:1人~4人




かねてより本家『カタン』の人気は聞いており、プレイしてみたい気持ちはあったのだが、
あちらはプレイ人数が3人以上との事らしく我々のプレイ環境にそぐわなかった為に、
敬遠せざるをえなかった。
その後ネットで1人からでもプレイ可能というこちらのゲームの噂を聞きつけ、購入してみた。

カタンダイス02
こちらがゲームで使用するチェックシートとダイス一式。
チェックシートは消耗品の為、もったいないと思う人はコピーするなりして使用するといいだろう。

カタンダイス03
ゲームは至ってシンプルだ。
自分のターンになったらダイス一式を同時に振り、出た目の資材を獲得する形となる。
不要な資材の目が出たダイスは、最大2回まで振りなおしができる。
また資材の中には金塊も含まれており、これ2つで好きな別の資材1個として扱う事もできる。
こうして獲得した資材を元に、チェックシート上の道や都市、騎士などを獲得していく。

カタンダイス04
獲得したところにはシート上にチェックしていき、規定数回のターンの間にどれだけ獲得できるかで
勝利点が決まる。



プレイレビュー:
こ、これはなんというべきか……。
徹底したソロプレイ感だけがその場を支配していく感覚である。
他人との絡みは一切なく、プレイ終了時に得点比べの時だけの競争となるのみなのだ。

最大4人までプレイ可能とは言いつつも、シートさえ用意できれば別に10人でも20人でもプレイはできる。
単純に自分の番がくれば、ダイスを振り続けるだけなのだから。
管理人自身カタンをプレイした事はないが、
別サイトのレビューなりルールなりを読んでいた身としてはおそらく本家とは
程遠いプレイ感覚に違いないと思う。

はっきり言うならば、もしカタンやりたさにこのゲームを購入するくらいなら、
キチンとプレイ人数を用意して本家を遊ぶ方がいいかもしれない。
それでもどうしても購入してみたいという方には、正式な日本版がおすすめである。
こちらのチェックシートは何度でもチェックしたり消したりができる仕様であったり、
ダイスを振る用のダイスカップも付属しているので、こちらの購入がお得だろう。
どちらにせよ、期待しすぎると痛い目をみるかもしれないが。


   >

スポンサーサイト
ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:カタンダイスゲーム | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。