ミールボーンズの記事一覧│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

スポンサードリンク

Mille Bornes(ミールボーンズ) 

2012/08/12 16:16/Sun
ミールボーン01
メーカー: トミー(現タカラトミー)
作者: Edmond Dujardin
プレイ人数:2~6人


ちょっといじわるなレースの開催です!
パンクにクラッシュ、速度制限。
トラブルを乗り切り、見事1000マイルを走破するのは
どのクルマか!
いま、チェッカーがふられました!




1950年代にフランスで産まれた、自動車レースをテーマとしたカードゲーム。
80年代におもちゃメーカーのトミー(現タカラトミー)によって日本でも販売され、
当時学生だった管理人が購入した。

ルールはシンプルで、
配られた手札から走行カードを出していき、
先に1000マイルに到達できたらレースは終了。
条件にあわせて勝利点が加算され、これを3ゲームやった後での
勝利点の合計で勝敗がきまる。

ミールボーン02
まずゲームが始まったら、走行カードの前に青信号カードを出すところから始まる。
信号が青になったらいよいよ走行カードの出番だ。

ミールボーン03
走行カードは全部で5種類。
カードにかかれた数値の合計が、現在の走破距離となる。
ちなみに200マイルカードは一回のレース中、2回までしか使用できない。

ミールボーン04
相手のクルマにトラブルを起こして足止めしよう。
トラブルカードは、パンク、衝突、ガス欠、速度制限、赤信号の全部で5種類。

ミールボーン05
逆に相手からトラブルカードを押し付けられたら、対処カードで障害を取り除こう。
各トラブル毎に対応できるカードが決まっているので、手札運用も慎重に。
そしてこの後でもう一度青信号カードを出せば、以降走行カードを再度出すことが可能となる。

ミールボーン06
保険カードと呼ばれるカードが手に入る時がある。
保険カードはたいへん強力で、一度場に出してしまいさえすれば、
以後レース終了まで、対応したトラブルカードは絶対に受ける事はない。

ミールボーン07
また、相手がトラブルカードを出して来たのに合わせ、「クーフーレー!」と宣言しつつ、
手札から対応できる保険カードを出せれば、相手のトラブルカードを無効にしつつ、勝利点にも加算される。
積極的に狙っていきたい。

ミールボーン08
こうして走行カードを出す続け、1000マイルに到達(ぴったりでなければいけない)できたら、
そこで第一のレースは終了。
走行距離や保険カードの有無などの条件を確認し、勝利点が加算される。
あとはここまでを計3回になるまで繰り返し、最終的な勝利点の最も高かったプレイヤーの勝利となる。



プレイレビュー:
場の状況から現在ゲームがどこまで進んでいるかが一目瞭然なので、
初心者でも比較的モヤモヤした感覚が薄いのが素晴らしい。
ゲームがどこまで進んでいるのかというのは、その場でのプレイの仕方にも影響を与えてくるので、
重要な情報だが、このゲームはそれがわかりやすいのだ。
相方のvissoもそこにすぐ気が付き、1回のプレイにしてすでに面白さに気がついたらしく、
しばらく「また遊びたい」を繰り返してたのが印象的だった。
ゲームルールも複雑な事はないので、1、2度遊べば誰でも理解もできる気軽さもある。
適度に相手への攻撃などもできる為、ソロプレイ感も薄く展開が単調にもなりにくい名作と言えよう。


併記:
どうもこのゲーム、かつて日本のアナログゲーム界において一大ブームを巻き起こした
モンスターメーカー』の元ネタである事を最近知った。
モンスターメーカーといえば、管理人が学生時代にどうしても遊びたく、近くのおもちゃ屋を
駆けずり回って探したがどうしても見つける事のできなかった思い出がある。
(当時はインターネットなど無い時代で、おもちゃ屋だけが唯一の購入手段だった)
しかたなく、その番外である学園編やら宇宙探検編のゲームを買ってお茶を濁したが、
気分的に本編以外は遊ぶ気になれず、そのまま埃をかぶったままだったのだ。
この事を考えると、なんとも複雑な気分である。

ミールボーン09
番外編のゲームは数種類出ていた。
機会があればいずれレビューしてみたいと思う。

スポンサーサイト
ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:ミールボーンズ | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。