ドラコの記事一覧│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

スポンサードリンク

DRAKO(ドラコ) 

2012/08/05 12:11/Sun
ドラコ01

メーカー: REBEL
作者: アダム・コルーザ
プレイ人数:2人専用


ドラゴンとドワーフ達のまったなしのデスマッチ!
血と炎と鋼鉄が入り交じる中、最後まで立っていられるのは
果たしてどちらか……。




ミニチュアモデル好きが高じて以前に購入した「ディセント」のルールがあまりに冗長で
平均プレイ時間が5~6時間という凄まじさに1、2度遊んだきり埃をかぶり始めた頃、
ディセントよりもルールがはるかに簡単そうであり、
ドラゴンのミニチュアの格好良さにも惹かれ、購入してみた。

ドラコ02
プレイヤーはドラゴン側とドワーフ側とに分かれ、
締め切られた空間に設置されたそれぞれのミニチュアを操作し、
ドワーフ側はドラゴンのノックアウト、
ドラゴンはドワーフ全員を倒すか、相手のデッキと手札が使い切るまで
生き延びれれば勝利という、実に簡潔なルールである。

ドラコ03
ミニチュアは、互いにデッキとよばれるカードの束を用いて
そこから配られる手札によって操作する。
カードの種類には通常の移動や攻撃の他に、
それぞれ独自の特殊能力などのカードも織り込まれ、
クロスボウや炎での遠距離攻撃や、翼による緊急脱出など
場面場面で様々な展開が繰り広げられる。

ドラコ04
相手の攻撃に対し、防御カードでのブロックなども可能な為、
常に互いの手札の様子を見ながらプレイしていく事となる。

ドラコ05
担当するキャラによっても戦略の組み立て方は違ってくる。
能力は高いが単騎のドラゴンか、能力は平凡ながらも3体でのチームワークで
相手を追い詰めるドワーフか状況判断とそれぞれの得手不得手を見極めながら
ゲームをすすめていこう。



プレイレビュー:
ルールやコンセプトがわかりやすく、プレイ感覚は比較的軽目。
世界観もファンタジー好きの私にはストライクだった。
慣れてくると相手の手札から使用された攻撃や防御カードからのカウンティングも可能な為、
さらに戦略要素が深まるだろう。
2人プレイ専用なので、人が集まりにくい場合などでも気軽に遊べるところもグッド。
続編が製作中との話もあり、あらたなキャラクターの追加が楽しみなゲームである。


スポンサーサイト
ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:ドラコ | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。