アンダーマイニングの記事一覧│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

スポンサードリンク

UNDERMINING(アンダーマイニング) 

2013/07/09 21:10/Tue
アンダーマイニング01
メーカー: Z-MAN Games
プレイ人数:2~4人


異星の地下を今日もマシンが駆け巡る。
そこに待ち受ける物は、豊富な地下資源か。
それともまだ見ぬ未知なるテクノロジーか……。




ゲームマーケット特集を少しお休みして、
今回は地下採掘すごろくゲームである。
すごろくと言ってもサイコロを振るわけではなく、
手番が来る毎にアクションポイントを消費しながら
コマを進めていくゲームだ。
『ドリル』『マシン』という響きに男のロマンを感じ、
購入を決めてみた。

アンダーマイニング02
こちらがボード。
ボードの上部1/4程が地上、それより下が地下部分
という構成になっている。
プレイヤーは自分の『∪M∨』と呼ばれるマシンに乗り込み、
地上の大きなマスの一番右にある倉庫に地下から様々な資源を
送っていく。
赤い穴の空いたマスはワープホールだ。

アンダーマイニング03
これが∪M∨。
左のボードは、現在の自分のマシンの状況をあらわしている。
マシンの右下に2つの格納庫が備わっており、
一度に2つまでの資源を運ぶ事ができる。

アンダーマイニング04
プレイヤーは地下から運び出した資源を地上に運び、
画像下にある『スターチップ』と呼ばれる勝利点を獲得する事を
目指していく。
勝利点にはそれぞれコストが設定されており、
画像上部のコストカートと同じ種類の資源を運んでくる必要がある。
ちなみに勝利点1つずつにコストが変わってくるので、
その都度用意しなければならない資源が変わってくるので
注意が必要である。

地下マスに資源や岩盤チップをランダムにセッティングし、
スターチップやコストカード、異星人技術カード(後述)を
並べたら、各∪M∨を地上の好きな場所にセットしてゲームスタート。

アンダーマイニング05
準備完了の状態がこちら。
資源は初めから見えている状態なので、
∪M∨のスタート位置が重要になってくる。

∪M∨には初期状態として2アクションポイントが設定されている。
・空白マスを2つ移動
・隣接した資源や岩盤を1つ採掘
・倉庫マス時に∪M∨に載せた資源を倉庫に入れる
・倉庫マス時に倉庫にある資源を消費してスターポイントや装備品を獲得
・ワープホール時に他の空いているワープホールに移動させる
これらのアクションにポイントを割り振っていく。
下3つは状況時のみのアクションなので、大概は上2つのアクションを
選択していく事となる。

アンダーマイニング06
ゲーム開始直後の場面。
紫の∪M∨がガンガン採掘を進めている。

アンダーマイニング07
地下に眠っている資源は全部で5種類。
下の資源は「エキシウム」と呼ばれ、他の資源の代わりとなる、
ワイルドカード的存在である。

倉庫に運び込んだ資源を使う事で、新たな装備品を∪M∨に搭載する事も可能。
それぞれ移動速度があがったり、格納できる資源数が増えたりなど、
ゲーム展開をスムーズにする効果がある。
ライバルプレイヤーとの差を広げるには必須項目といえよう。

アンダーマイニング08
パワーアップした∪M∨。
ボードの空白部分だけ、装備品を搭載可能である。
どのようにバンプアップを図るかを考えるだけで胸が熱くなる。

また、地下資源に混じって異星人の残した未知なる技術が手に入る場合がある。
これを倉庫に運ぶ事で、空白マスを10マス移動や
その場でいきなり倉庫に資源を格納するなど、使い捨てながら強力な効果が
利用可能となる。

アンダーマイニング09
これが異星人技術カード。
使用時にアクションポイントを使用せずに使えるのが大きい。
うまく使いたい。

こうしてスターチップの獲得を続け、
スターチップの山1つがなくなればゲーム終了。
勝利点の合計や装備品の数などを合わせ、最もポイントの高かった人の
勝利となる。



レビュー:
ルールそのものは直感的で、わかりにくい部分は殆どない。
コストカードの設定によっては地下の浅い部分だけでゲームが終わってしまったり、
準備の段階での地下資源の設置の面倒さは少し荒削りに感じるかも。
しかし、それさえ目をつぶればマシンの強化やドリルで掘り進むアクションなどは
胸踊る設定といえなくはないだろうか。
欲を言えば、実際に採掘するまでなんの資源が出てくるかわからなくした方が
よりスリリングな感覚を楽しめたような気もする。
どちらにせよ気軽に遊べる、ゲーム初心者にもおすすめの一品である。

アンダーマイニング10
∪M∨のコマの造形もなかなか素晴らしい。




スポンサーサイト
ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:アンダーマイニング | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。