ウサギの騎士団とペンギンの軍隊の記事一覧│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

スポンサードリンク

ウサギの騎士団とペンギンの軍隊 

2013/07/14 19:46/Sun
ウサギの騎士団とペンギンの軍隊01
メーカー: ショーナンロケッティアズ
プレイ人数:2人


いつの世も、争い事は絶えぬもの。
今日も円卓のウサギ達は、モノクロペンギン軍を迎え撃つ!




以前にレビューした「乾隆後宮」と同じサークルから出品された
カードゲーム。
お値段500円という現地価格だったので、合わせて購入しておいた。

ウサギの騎士団とペンギンの軍隊02
こちらが使用するカード。
プレイヤーはそれぞれ「ウサギ騎士団」と「ペンギン軍」に
別れ、12枚ずつ手札を持つ。
カードの内容は、カード名とイラスト以外は全て同じ能力である。

ウサギの騎士団とペンギンの軍隊03
カードの左上にある数字がそのカードの強さ。
数字は1~6まであり、単純に数字の大きい方が強い。
右上のマークはカードの属性を示し、特別な状況において
参照される情報である。
イラスト下にはカードの特殊能力、その下の星マークが
勝利点を意味する。

ウサギの騎士団とペンギンの軍隊04
ゲーム準備として手札の内、戦闘員カードを3枚とサポートカードを
1枚選びそれを1セットとする。
それを3セット組み合わせてわかりやすいように脇に並べる。
その後、分けおいたセットの内の1つを選び、
戦闘員を手札に、サポートを場に裏返しのまま置いてゲーム開始。

ゲームが始まったら手札の戦闘員を1枚選び一斉に公開する。
その際の掛け声は「ウサペン!」である。

ウサギの騎士団とペンギンの軍隊05
戦闘開始の場面。
戦闘の勝ち負けは単純に左上の数字の大きさで決まるが、
この段階ではまだ決着はつかない。
サポートカード使用の判定があるからだ。

ウサギの騎士団とペンギンの軍隊06
サポートを使うかは、こちらのタイルで決める。
タイルには表裏に「つかう!」「NO!」の表示があり、
これを手で隠した状態で持ち、一斉に公開する。
その際の掛け声は「猫が・通り・ますよ!」である。

「つかう!」タイルを公開したプレイヤーは場に置いたサポートを
めくり効果を適用する。
もし、効果の判定があやふやな場合、カード上部にある「NO.○○」の
若い順に処理をおこなう。

ウサギの騎士団とペンギンの軍隊07
こちらがサポートとして使ったカード。
先ほどの戦闘は互いに強さが5なので、通常であれば相打ちだが、
サポートの効果により、ウサギの強さは7まで上昇、ウサギの勝ちとなる。
勝ったカードは殿堂入りとしてゲーム脇に、負けたカードはゲームから
除外される。
殿堂入りしたカードに描かれた星マークは、終了後に勝利点として計算される。

これを繰り返し、手札から戦闘員がなくなったら、新しいセットを手元に持って
を繰り返す。
ちなみにセット間において使用しなかったサポートも得点となるので、
状況において使用を我慢する事も大事である。

こうして3セット目が終わったらゲーム終了、
得点の多かったプレイヤーの勝利となる。



レビュー:
これはかなり楽しい。
カードバランスをしっかり取っている事がよくわかり、
様々なカードの組み合わせを試してみたくなる。
数字の小さいカードは勝ちにくいが、その分、星の数も多いので
サポートカードとの併用にも熱が篭る。
意外な状況から大きな勝利点が得られるとかなり嬉しいのだ。
乾隆後宮」同様、1ゲームがサクっと終われる所もグッドである。
↓こちらから購入が可能なので、ぜひ遊んでみてほしい。
ドロッセルマイヤーズ ラウンドテーブル




スポンサーサイト
ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:ウサギの騎士団とペンギンの軍隊 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。