あやつりキングダムの記事一覧│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

スポンサードリンク

あやつりキングダム 

2013/07/26 10:48/Fri
あやつりキングダム01
メーカー: ワンドロー
プレイ人数:2~3人


いつの世も、野心は人を動かす。
この国での貴族入りを目指す者達は、
各分野のプロをあやつり、ライバルを蹴落とすのだ。




長きにわたり紹介してきたゲームマーケット特集もいよいよオオトリ。
有終の美を飾るのは、日本の新興メーカー・ワンドローから発売された
簡易ドラフトゲームである。

プレイヤーは、とある国の貴族入りを狙う野心家となり、
様々な分野のプロフェッショナルの力を借り、その「名誉」を伸ばしていく。
「名誉」は勝利点によって管理され、
ゲーム終了時に、この勝利点が最も高かったプレイヤーが勝利者となる。

あやつりキングダム02
これが獲得すべき名誉点。
左の名誉トークンは1枚につき1点。(☓2は2点扱い)
特殊能力のある建物の左上にも名誉点が記載されている。
この2種類の特徴として、トークンは獲得がしにくいが1度入手すれば失う事が
ないのに対し、建物は獲得がしやすく、特殊能力を利用できる利点があるが、
後述するイベントフェイズにおいて失われてしまう危険性がある。
バランスよく獲得していく事を念頭においておきたい。

ゲームは毎ラウンド、ドラフト形式からスタート。
手札の職業カードを1枚選んで、残りを隣にまわしてを繰り返し
自分に協力してくれるプロを確保していく。

あやつりキングダム03
これが職業カード。
いずれ劣らぬも悪そうな印象である。
建物を建築する際に必要な各種資材を与える者。
国に起こる各イベントを操作する者。
相手プレイヤー陣についた職業人を亡き者にしたり利用したりなど、
その効果は様々だ。

ドラフトにより職業人の選択が終わったら、
次は実行フェイズ。
親から順に以下のアクションを好きな手順で解決していく。
①選んだ職業カードを公開し、それを実行する
②資材の山から、「名誉」トークン以外の資材トークンを1つ獲得する
③公開されている建物カード1つを選び、それを建築する

この手順は重要で、効率的に動きをする事でアドバンテージを稼ぐ事が可能となる。
例えばプレイヤーが食料トークンを得られる「料理人」カードを持っていたとする。
それを先に公開してもいいが、場には建物カード「食堂」がある。
食堂は料理人カードの効果を2倍にしてくれる効果がある為、
先に建築してしまった方が好ましい。
なので最初に資材の山からトークンを獲得し、
そのトークンを使って食堂を建築。
その後で料理人カードを解決する事で食堂の効果を無事に得る事ができた。

あやつりキングダム05
このような状況がうまれやすいので、手番でのアクションの順番はよく考えるべきだろう。

また、ラウンドが終わるタイミングでイベントカードが公開される。
イベントカードはゲーム全体に効果をあらわす物で、全プレイヤーは必ず従う必要がある。

あやつりキングダム04
各種イベントカード。
資材が獲得できたり、建物毎に税金を要求されるなどがある。
税金が払えなければ、その建物は没収となるのだ。

以上を繰り返しながら勝利点を稼ぎ、
いずれかのプレイヤーが合計10点以上の勝利点を獲得した時点でゲームは終了。
その時点で最も点数の高いプレイヤーの勝利となる。

2014/3/1 追記
このゲームにおいて、よく言われる事は「親」になった方が色々と有利だと言う事。
その理由の最たる物として「死神」と「小悪魔」カードの存在がある。
どういう事かを自分なりに分析してみた。

まず、ゲームのルールを簡単におさらいすると、
各プレイヤーにカードが3枚ずつ配られ、それらをドラフト形式で2枚取得する。

親から順番に、
①取得カード1枚をめくり、カードの効果を解決。
②「名誉」以外の資源を好きな組み合わせで2つ獲得。
③希望するならば場にある建物カードを資源を支払い取得。

そして次のプレイヤーへと手番がうつり、上記の手順を繰り返していくわけだが、
死神(小悪魔)カードは相手の手札の内、「まだ解決されていないカード」を対象として
カードの効果を無効化、ないしは奪ってしまう。
つまり相手プレイヤーが親の場合、自分に手番がまわってくる前に少なくとも1枚は公開されて
しまう為、死神(小悪魔)カードの適用先がまだ公開されていない1枚だけとなり、
判断が難しくなってしまう。
死神(小悪魔)カードを最大限利用するには、まず自分が「親」になってからの方が都合がいいのだ。
また、死神(小悪魔)カードを使って相手カードの指定をおこなう場合は、
ドラフトターンで相手にまわした2枚のカードを覚えておき、
相手の状況からどちらを相手が選んだかで判断した方が正解率が高くなる。

あやつりキングダム07
手札に「錬金術士」「死神」「象」がまわってきた。
死神を取りたいので錬金術士と象を相手にまわそう。

あやつりキングダム08
相手はルール上必ず、「錬金術士」「象」のどちらかを手札にしている。
あとは相手の資源や建物カードなどから推察し、どっちを選んだかを指定してやろう。

死神と小悪魔カードは使いドコロが違わなければとても強力なカードである。
自分が親の手番の時は積極的に狙っていくのも1つの戦法と言える。
ちなみにマニュアルでも指摘されているが、死神で相手のカードを無効化した場合、
先に述べた手順の内、「資源獲得」「建物の建築」も封殺できる。
※あくまでそのカードを解決した時だけで、2枚目のカード効果の時は普通の処理がされるが
単純にカード効果を抑える以外にもアドバンテージが取れるのが、強いと呼ばれる所以でもある。

2014年現在、メーカーの生産が終わってしまったのか、今では殆ど市場に出回らなくなった
今作だが、販売メーカー「アークライト」より「プリンセスワンダー」という形で入手が可能。
絵柄がすっかり変わってしまい、好みの分かれるデザインとなってしまったが、
ゲームの質にはなんらかわりはないので、興味のある人はそちらで遊んでみてはいかがだろうか。
ちなみにプリンセスワンダーには他にも「よくばりキングダム」「ラブレター」などのワンドロー製
のゲームがセットとなっているので、まだワンドローのゲームを手にしたことのない人にはお得な
商品である。

あやつりキングダム09
公式HPより画像を引用。
この絵柄はあざとさが見え隠れして、正直微妙……。



レビュー:
互いの状況を探りあいながらの攻防は、ワンドローらしさが強い。
相手の職業を無効にする「小悪魔」「死神」の存在は、
ゲームに慣れてくる頃に。更なる読み合いが白熱しそう。
ドラフトゲームをこの人数でも楽しめるようにしたのは評価が高い。
大人数で遊ぶ機会の少ない人にもおすすめである。



今回で、ゲームマーケット初参加記念の特集は終了となる。
デジタルゲームが幅をきかせる今の時代に、まだこれだけの
アナログゲームに対する熱意が存在する事を確認できた分、参加した意義は充分
にあったと思う。
また機会があればぜひ参加し、ゲームの紹介もしていきたいと思う。
以下に今回入手できた他のゲームのレビューリンクを貼っておくので、
興味をもたれた方はぜひ他の記事も確認して欲しい。


ハロウィンに魔女がやってきた
ファラオの帰還
ヤジルス
アルケミストラグル
ウサギの騎士団とペンギンの軍隊
仮面の使者
黒猫ローラと魔法の森
乾隆後宮
ござるござる忍者でござる
ルインズエクスプローラー



スポンサーサイト
ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:あやつりキングダム | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。