チケット・トゥ・ライドの記事一覧│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

スポンサードリンク

チケット・トゥ・ライド 

2013/08/24 16:22/Sat
チケットトゥライド01
メーカー: デイズオブワンダー
プレイ人数:2~5人


手に汗握る鉄道アドベンチャーが今、開幕します!
長距離路線を狙い、一気に稼ぐか。
フェリー航路や危険なトンネルを潜り、新天地を目指すか。
様々な旅先を経て、鉄道王の名に輝くのは果たしてどのプレイヤーでしょうか。




海外のアナログゲームとして定番化され、
様々なレビューサイトでも記事として挙げられているタイトル。
現在、多数のシリーズ作品が商品化されているが、
大手レビューサイトのジョーコさんの紹介記事を参考に、
シリーズ2作目であるヨーロッパ編を購入してみた。

チケットトゥライド02
ボード全景。
ヨーロッパからロシアあたりまでの地図が描かれ、
その地図上に都市を結ぶ路線が通っている。
プレイヤーはこれらの路線に自分のコマを配置する事で、
勝利点を稼いでいく事となる。
プレイヤーが手番時にできる事は以下の4つ。

チケットトゥライド03
まずは最も重要なアクションである、コマの配置。
盤面の路線の色と同じ手札をプレイする事で、列車コマをボードに配置する。
路線の長さに応じてボードに描かれている得点が即座に入手できるので、
できるだけ長い路線に置く方が得点が大きい。
1路線は基本1人しか利用する事ができないので、配置は早い者順。
また、路線の一部には特殊なマスが用意されている。

チケットトゥライド04
灰色の路線は色の指定がなく、好きな色一色のカードをプレイすれば
コマを配置できる。

チケットトゥライド05
黒縁で囲まれたマスは、トンネルマス。
プレイの仕方は通常と同じだが、その後山札から3枚のカードを引き、
同じ色のカードが出た分、手札からカードを追加しなければならない。

チケットトゥライド06
マスに機関車マークのある路線はフェリー航路。
カードプレイの際に、マークの分だけ機関車(SL)カードを織り交ぜて
プレイしなければならない。
SLカードはオールマイティカードとして利用できるが、
使い過ぎるとフェリーの利用が困難となるので
使うタイミングが重要である。

チケットトゥライド07
アクション2つ目は、カード補充。
カードは山札ないしは、場に並ぶ5枚のカードどっちかの2枚を補充できる。
ただし、場に出ているSLカードを取る時だけは1枚だけである。
手札に上限はないので、手札が充分貯まってから一気に畳み掛ける事も可能。
(ただし、そのスキに他プレイヤーに路線を奪われるとショボンだが)

3つ目は目的地カードの補充。
ゲームプレイ中、プレイヤーは好きな場所にコマを配置できるが、
特に初心者などは、どこから置けばいいかがわかりにくい。
その際に指針となるのがこのカードである。

チケットトゥライド08
カードには2つの都市と右下に得点が描かれており、
ゲーム終了時に2つの都市を結ぶ路線が結ばれていれば
その分得点が加算される。
逆に結ばれていないとマイナス点となってしまう為、
プレイヤーは嫌が応にも最初に配られた目的地カードを
達成する為に動く事となる。
目的地カードの補充は、全ての目的地を達成したプレイヤーが
更なる得点源を求める為のシステムとなっている。

チケットトゥライド09
最後は駅舎の建設。
好きな都市に駅舎を建てる事で、そこから伸びている他のプレイヤーの
路線を借りる事ができる。
ゲーム終盤時などに、他のプレイヤーの邪魔によって目的地カードが
達成できない時の救済措置的なシステムである。
ただし、駅舎コマがゲーム終了時に手元に残っているとその分得点が加算
されるので、できるだけ使わない方がもちろん有利である。

チケットトゥライド10
以上のアクションを繰り返し、いずれかのプレイヤーの列車コマが2つ以下
になったら、もう1週してゲーム終了。
それまで稼いだ得点に、駅舎の数や最も長距離路線を繋いだプレイヤーに
送られる特別賞を加算し、最も得点の多かったプレイヤーの勝利である。



レビュー:
ボード上の都市名が日本語化されていないので、
慣れるまでは目的カードとの位置関係を確認するのに骨が折れるのが
やや難ではある。
しかし、そこを除けばさすがのデキと言えるゲームだと思う。
互いの目的地とそこを繋ぐ路線の探りあい。
トンネルや長距離路線が繋がった時の快感などが、
これだけ簡易的なルールで充分味わえるのはさすがと言える。
少ない人数でもこれだけ遊べるのだから、これが4人5人ともなれば
ゲームの熱は上がる一方なのではないだろうか。
相方のようにヨーロッパの地理に詳しいプレイヤーは、
ボードを見るだけでもかなりテンションが違うらしく、
定番ゲームと呼ばれるのも納得の作品である。




スポンサーサイト
ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:チケット・トゥ・ライド | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。