ファミリアの記事一覧│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

スポンサードリンク

ファミリア 

2013/11/05 23:43/Tue
ファミリア01
デザイナー:フリードマン・フリーゼ
プレイ人数:2人


暗黒街を闊歩(かっぽ)する無頼漢達。
奴らを引き入れ、組織を強化する事がこの街での長生きの秘訣だ。
君は、ならず者達がうろつくストリートへと足を運んでいく……。




有名デザイナー、フリードマン・フリーゼ作のゲームを初めてプレイする。
かなりトリッキーなデザイナーと以前から耳にしており、
うまくゲームに馴染めるか少々不安ではあったが、
某サイトにてかなりの高評価だった事から購入を決めた。

コンテンツはカードゲームながら、2人専用となっている。
ゲームの目的は互いにマフィアの組織を強化していき、
その総合評価を競い合っていくものとなっている。

ファミリア02
最初の手札がこれ。
強面の面々が描かれている。
カードには赤、黄、緑、青の種類があり、
それぞれ0~4までのランクが設定されている。
ゲーム開始時に各色、ランク0のカードを1枚ずつ持ってスタートする。

場にはストリートと呼ばれる山札からのカードが並ぶ場所が決められており、
プレイヤーは手札を使ってストリートのマフィア候補を獲得していく。

獲得の基本方法は、ストリートのカードから1枚を選び、
そのカードのランクより1つ低い、同色カードを2枚手札からプレイする事で
手札に獲得ができる。
その際、プレイしたカードのうち1枚を自分の前に並べなければならない。
この場を組事務所と呼ぶ。
一度、組事務所にいったカードは休止状態となり、
後述の青のカードを使うまで再利用ができなくなる。

ファミリア03
実際に獲得している場面。
緑の1のカードを獲得するのに、0のカードを2枚出した。
この場合は手札には0と1のカードを、組事務所には0のカードがそれぞれ移動する。

また特殊ルールとしてストリートのカードに0のカードがあった時は、
そのカードはなにもせずともそのまま獲得してもよい。
ゲーム開始時の手札には各色0のカードが1枚ずつなので、
まずはこれから始めなければ何も獲得ができないままとなる。

ストリートに欲しいカードがない、もしくはなにも獲得できない時は、
ストリートに追加のカードを山札から持ってくる事もできる。
この場合はまず、ストリートから好きなカード1枚を捨て札置き場に移動、
そのあとで捨てたカードのランクと同じだけの枚数のカードを山札から
追加で並べる事ができる。
これは自分の手番に好きなだけおこなえるが、一定のルールがある。
まず、ストリートに0のカードが1枚でもあるか、追加のカード内に0のカードが
混じっていた時は、カードの追加ができなくなる。
つまり嫌でもその0のカードを獲得するしかなくなる。

赤以外のカードには、カード獲得の際に有利になる特殊な効果が備わっている。

ファミリア04
まず黄のカード。
このカードを獲得前に使用すると、ストリートのカードのいずれか1枚のランクを
手番中、黄のカードと同じランク分下げる事ができる。
写真の場合、青の2のカードを黄の2を使う事でランクを0にした。
もちろん0のカードは無条件で入手できるので、このまま青のカードを手札に
加えられる。(使った黄のカードは組事務所にいくが)

ファミリア05
緑のカードは、他の色と共同でカード獲得に利用ができる。
ランクは1つ下がるが、その範囲内であれば自由に組み合わせることが可能。
写真の場合、緑のカードを赤の0のカードとして扱う事で、
ストリートの赤の1のカードを獲得ができた。

ファミリア06
そして青のカード。
これは一度、組事務所にいってしまったカードを手札に呼び出す効果がある。
手順として青のカードと、そのランクと同数の手札カードを組事務所に置く事で、
他の事務所のカードを青のカードのランク分だけ手札に戻せるのだ。
写真では青の1と0のカードを使って、事務所の黄3カードを手札に戻そうとしている。

赤だけは特殊な効果がなにもないカードだが、
単純に他色の同ランクカードよりも勝利点が高めに設定されている。
序盤ではいまいちなカードだが、中盤以降ではその存在感が大きくなっていく。

以上を繰り返して手札と事務所にカードを増やしていき、
山札が切れたら捨て札のカードをシャッフルして新たな山札とする。
それも全てなくなったらゲーム終了。
手札、事務所にあるカードの各点数を合計し、より高かったプレイヤーの勝利となる。



レビュー:
噂にたぐわぬ不思議なプレイ感。
はじめはいまいち要領を得ない感が強かったり、ルールに抜けが起こったりがあったが、
慣れ始めると各システムが良い感じにマッチングしてしているのがわかってくる。
1プレイの時間も丁度良いバランスで気軽に遊ぼうという気持ちにさせてくれる。
マフィアという題材は人を選ぶかもしれないが、機会があれば遊んでみて欲しい。



スポンサーサイト
ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:ファミリア | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。