ぴっぐテンの記事一覧│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

スポンサードリンク

ぴっぐテン 

2013/11/12 10:24/Tue
ぴっぐテン01
販売元:メビウス・ゲームズ
プレイ人数:2~8人


今日はブタさん達の仮装パーティーです!
8でも9でも11でも12でもないよ!
10をめざしてがんばってね!




誰もが気軽に遊べて盛り上がれる事をコンセプトにしたカードゲーム。
値段も気軽に買える程の安さだったので、ショップに行ったついでに
購入、遊んでみた。

コンセプト通りルールは本当に簡単で、プレイヤーは手札から
ひたすらカードをプレイ。
カードには数字が描かれており、各々場の数字の合計が10になる事を目指していく。

ぴっぐテン02
スタート時の場面。
プレイヤーの手札は常時3枚となっている。
カードには数字の他に有名なお伽話の格好をしたブタさん達が描かれており、
たいへんかわいらしい。

手番のプレイヤーは手札から好きなカードを場に出し、山札から手札を補充する。
その際、場に出ているカードの数字の合計と手札のカードを合わせた数を
口に出して言わなければならない。

ぴっぐテン03
はい、3。

ぴっぐテン04
はい、7。

この時数字がちょうど10になった時は『ぴっぐテ~ン!』と高らかに宣言し、
場のカードを全て総取りする事ができる。
獲得したカードの枚数はそのまま勝利点となるので、ドンドン獲得していきたい。

合計値が10を過ぎてしまった場合はその直前のプレイヤーに場のカードを
奪われてしまう。
もし、手札のカードで10を作る事ができそうにない時はできるだけ10に近い数字
を作る事で次のプレイヤーのバーストを狙うのも手である。

また、カードの中には一部特殊な効果の物もある。
1つは『5』のカード。
これは場の合計に対して+5か-5するかを選択できるのだ。
うまく数字を調整して、場のカードを増やして一気に獲得する事を狙いたい。

ぴっぐテン05
この場合は、『8-5=3』と出す事ができる。(じゃないとバースト)

もう1つが『0』の存在。
これは場の数がいくつであろうとも強制的に『0』にすることができる。
いわゆる仕切り直しカードといった感じ。

ぴっぐテン06
『0!』バーストを回避できた!

また特殊な状況として、直前のプレイヤーの出した数字と同じ数字を出す事で
場の数字をその数に変更するルールもある。

ぴっぐテン07
例えば写真では場の数は『2+6=8』とバースト寸前だが、
次のプレイヤーが直前のプレイヤー同様に6のカードを出した事で、
『6!』との宣言が可能。
アクロバティックなプレイでバーストを回避できるのだ。

以上を繰り返し、山札と手札すべてが出し終えたらゲーム終了。
獲得したカードの枚数が最も多いプレイヤーの勝ちとなる。



レビュー:
なるほど、確かにコンセプト通りだと思った。
子供から大人まで理解しやすいルールと、短時間で終わるので何度も遊んでみたくなる
バランスといい素晴らしいパーティーゲーム。
正直手札とにらめっこして長考するよりもノリが大事なゲームなので、
そこだけは全員に説明しておけばあっという間に場は大盛り上がりである。
8人まで対応可能なので少人数だと微妙かと思ったが、2人でもじんわりとした楽しさが
こみ上げてくる。
これからの時期、クリスマスや正月などのイベントが迫っている。
もし多人数で集まる機会があるなら、これ1つで大いに盛り上がれること請け合いである。

ちなみにゲーム中、やる事があまりにテンポ良すぎて手札の補充を忘れやすい。
どのような時も『カードを出したら山札に手を出す』事を念頭に置くプレイだけは
忘れないようにしよう。




スポンサーサイト
ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:ぴっぐテン | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。