どうぶつしょうぎの記事一覧│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

スポンサードリンク

どうぶつしょうぎ 

2013/11/15 23:20/Fri
どうぶつしょうぎ01
ゲームデザイン:北尾まどか
プレイ人数:2人


今日は森のどうぶつ達が集まりました。
ヒヨコにキリンにゾウにライオン。
みんなでワイワイ陣取りゲームの開始です。




昨年の12月に製菓メーカーのギンビスが販売している
「たべっこどうぶつ」とどうぶつしょうぎがコラボレーションを果たした。
たべっこどうぶつは子供の頃から好きでよく食べていたが、
それにゲームもおまけされると聞き、懐かしさも手伝って買ってみた。

近年、将棋に触れる機会の少ない子供達の為に、
気軽にその魅力を知ってもらおうと女流棋士、北尾まどか氏が
考案した簡易将棋ゲーム。
コンポーネントやルールなどを子供にも理解しやすくする為の
アイデアが盛り込まれている。

どうぶつしょうぎ02
ルールは将棋と大体同じで、手番が来たら自分のコマを1つだけ動かして、
次のプレイヤーに手番がまわる。
コマにはそれぞれどの方向に進めるかがわかるようにマークが施されている。
コマの種類はヒヨコ、キリン、ゾウ、ライオンの4種類だけ。
それぞれ動かせる方向に特徴がある。

将棋同様に、進めた先に相手のコマがあったらそれを獲得。
以降、自分の手番にコマを進めるかわりに自分のコマとして好きな場所に
置いて利用する事ができる。

どうぶつしょうぎ05
勝利条件は2つあって、相手のライオンコマを取るか、自分のライオンコマを
相手陣地の一番置くまで進めた後で相手に自分のライオンコマが取られなければ
勝ちとなる。

将棋の特徴の1つとして、相手陣地に自分のコマが入ると「成る」というルールが
あるが、もちろんどうぶつしょうぎにもそれは存在する。
ただし、「成る」事ができるコマは「ヒヨコ」コマだけだ。
ヒヨコを相手陣地の最深部まで到達すると、移動方向が強化された「ニワトリ」に
変化させる事ができる。

どうぶつしょうぎ03
前にしか進めなかったヒヨコも相手陣地に進むと、

どうぶつしょうぎ04
怒り(?)のニワトリモードにクラスチェンジ!
コケー!

こうしてゲームを進めていくわけだが、時に読み合いが熱くなって双方の動きが
同じ動作を繰り返される場面になる事もある。
こうなった場合は3回同じ動作が繰り返された時はドローゲームとなり、
その試合は無効となる。



レビュー:
もちろん、どうぶつしょうぎにはキチンとした正式版が発売されており、
こんなお菓子のおまけをレビューにあげるのはいささか気が引けたが、
遊んでしまったものはしょうがないと記事にしてしまった。(笑
肝心の内容についてだが非情に素晴らしいと管理人は感じた。
本来将棋というとコマには堅苦しい漢字が起用され、戦地での命のやりとりが
コンセプトとなっているが、このゲームではそういったイメージは払拭され、
どうぶつを起用する事でふんわりとした感触でゲームに臨めるのだ。
ルールもわかりやすく簡潔に、要所要所の細かい気配りなどもとても好感が持てる。
逆に、お菓子のおまけとする事で子ども達に手にとって貰いやすくするなど、
本当に遊ぶ側の気持ちに立って世に送り出しているのがヒシヒシと感じられる。
もしこの記事を読んでる方で小さなお子さんをお持ちの方がいれば、
ぜひ買って一緒に遊んであげてほしい。
なぜならこのゲームのルールとして、「ゲーム開始時には『よろしくお願いします。』
、ゲームが終わったら『ありがとうございました。』と言いましょう」という
相手への気配りも盛り込まれているからだ。
アナログゲームは本来、互いのプレイヤーが不快にならない様に最低限の
気配りを忘れるべきではないはずだ。
このゲームにはそれが最初から盛り込まれているのである。
また、それは実際の社会においても身に付けるべきマナーへと繋がっていく。
それを遊びながら学べるというのは、誰にとっても有益となりうる話だと思う。
おすすめです。


スポンサーサイト
ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:どうぶつしょうぎ | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。