ドミニオンの記事一覧│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

スポンサードリンク

ドミニオン 

2013/11/16 14:44/Sat
ドミニオン01
販売元:ホビージャパン
プレイ人数:2~4人


中世欧州の小王国の領主は決断した。
今こそ領土を拡大し、他国への影響力を高めるべきと。
その為にも自国の様々な人間、施設を強化しなければならないのだ。




最早説明する必要性があるのかと言わんばかりに、
あちこちのレビューサイトでも散々取り上げられたカードゲーム。
デッキ構築型ゲームという新ジャンルを開拓した作品としても有名で、
後に『サンダーストーン』『アセンション』などにもそのスタイルが
登場する事となる。
ゲームの詳細や攻略などは他サイトにおまかせして、
ここでは軽く触れるだけの紹介にしたいと思う。

プレイヤーは弱小国の領主となり、金銭を集めた領土の拡大を目的とした
内容。
カードの内訳としては通貨カード、領土カード、アクションカードの3つに
大別される。

ドミニオン03
これが通貨カード。
1~3までの価値があり、基本的にこれを使って領土やアクションカードを
購入していく。

ドミニオン04
領土カード。
1、3、6の勝利ポイントが設定されており、ゲーム終了時にこれらのポイントの
合計が高かったプレイヤーの勝ちだ。

ドミニオン02
アクションカード。
この場では5種類だけだが、この他にも様々なカードが用意されており、
その数は25種類にのぼる。
ゲーム準備時にこの中からあらかじめゲームに使うカードを10種類選んでおく。

ルール自体はさほど難しくなく、決められた通貨&領土カードで山札を作り、
そこからカードを5枚引いて手札とする。
手札にアクションカードがあれば、このタイミングで使用。
アクションを解決した後に場に並ぶアクションカードの山から、
手札から通貨カードを出して、その合計以内のカードを購入ができる。
ちなみにアクションの使用や買い物は基本的に1ターンに1回のみである。
これらが終わったら、手札、購入したアクション、使用した通貨カードを捨て札にし、
山札から新たな5枚を引いてターンエンド。
もし山札のカードが5枚に満たなければ、この時点で捨て札をシャッフルし直して、
新たな山札として再利用ができる。

カード購入時に、アクションのかわりに通貨や領土を購入する事も可能。
これらも購入後に一旦捨て札となり、いずれは手札にまわってくる仕組みだ。

通貨を通貨で買うという不思議な話ではあるが、序盤では特にこの戦法は
重要になってくる。
なぜならゲームスタート時の山札にある通貨カードは全て1だけであり、
手札5枚が全て通貨カードで埋め尽くされても最大で5通貨までしか買い物が
できない。
より価値の高い通貨が手札に来た方が有利である事は明白である。
また、領土カードはゲームの目的である勝利点をもたらしてくれるものの、
それ自体にはゲーム中はなんら利用する事ができない。
つまり手札に来ても何ら役には立たないのである。
序盤から購入を進めても、逆に自分の首をしめる事になりかねないので、
購入のタイミングを図る必要がある。

以上を繰り返し、いずれかのアクションの山が3つとも尽きるか、
もしくは勝利点6の領土がすべて売り切れればゲームは終了。
手札、山札にある領土カードの勝利点の合計で勝敗が決まる。



レビュー:
元々管理人はかねてよりMtG(マジック・ザ・ギャザリング)というTCGに
慣れ親しんでいた。
しかしあの手のゲームはとにかくリアルマネーが掛かり過ぎるのが難点であり、
そのかわりになればと購入を決めた。
しかし実際に遊んでみるとどうにもイマイチ盛り上がりに欠ける印象である。
何が原因かと考えてみると、勝利点6のカードが売り切れるとそこでゲームが
終わってしまう所がどうにも引っかかるのだ。
これはつまるところ、どちらが先に6のカードを買い占められるかがゲームの
勝敗を支配し過ぎてしまい、他の1や3の領土カードの存在意義を薄くして
しまっている気がする。
もちろんその対応策として、庭園と呼ばれる山札と手札の合計が多い程勝利点を
高めるカードなどの存在もあるにはあるが、いまいちピンとこない。
勝ち筋までの道筋が少なく、毎回似たような展開になりがちなのだ。
同じような悩みを持った人がいないかとネットを漁ると、
「基本セットはあくまでこのゲームの入り口に過ぎない。もし物足りなければ、
拡張を買うといい」という評価を下しているサイトを見かけた事がある。
他の拡張だと通貨やアクションの機能のある領土カードがあったり、
他のプレイヤーへの妨害工作に使えるカードが豊富なのだという。
確かに拡張を遊んだことのない自分には、まだこのゲームの真価をはかれない
とも言えなくはないが、そうなるとできるだけ金を掛けずに遊びたいという
目的から外れる事となってしまう。
ネガティブな意見となってしまったが、もちろんこれは1プレイヤーの意見に過ぎない。
これだけ多くのプレイヤーに愛され、多数の拡張も登場している事からも、
このゲームの魅力は充分にある証拠である。
たまたま管理人には肌があわなかっただけなので、これから遊んでみたい方は
これらの意見は気にせず、ドミニオンライフを満喫していただきたい。


スポンサーサイト
ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:ドミニオン | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。