ディセントの記事一覧│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

スポンサードリンク

ディセント 

2013/12/29 00:09/Sun
ディセント01
販売元:アークライトゲームズ
プレイ人数:2~5人


その巨大な洞窟の奥には、凶悪なモンスターと共に
莫大な財宝が隠されているという。
今日も命知らずの冒険者達が、名声をかけて暗がりへと
足を運んでいくのだ……。




ついにこの、超がつく程の大型ボードゲームのレビューに着手
する運びとなった。
購入及びプレイ自体はかなり前だったが、あまりのルールの多さなどに
どうレビューすべきか悩んでしまい、これまで公開を長引かせてしまった。
しかし他のレビューでも度々その名をあげてしまっている以上、
さすがにレビューしないわけにもいかなくなってきた気がしたので、
ここで自分なりの紹介及びレビューをおこないたい。
ただし、マンション・オブ・マッドネス同様、いや、それ以上の大型ゲーム
なので、従来の細かいルール説明はここでは省きたい。
自分なりにまとめた内容から、ゲームの雰囲気を感じてもらえばと思う。

まずゲームを始めるにあたり、ゲームマスター1人をプレイヤーから選出する。
これはマンション・オブ・マッドネスでも述べたが、ゲームの準備やらルールの把握
などから時間を非常に食うシステムなので、やはりここでもゲームの持ち主が
おこなうべきだろう。
残りのプレイヤーは冒険者になり、ダンジョンの攻略に挑む事となる。

ディセント02
冒険者となったプレイヤーは、用意された冒険者カードの中から自分が担当する
キャラクターを選択する。
キャラの個性は豊かで、戦士や魔法使い、盗賊など様々な職業が存在する。
また特殊能力として自己回復能力を備えているキャラや、ペットを引き連れている
キャラがいる。
この間にマスターは、同梱されたシナリオから今回遊ぶ物語を選ぼう。
ここでは略すが、山のようにある山札やトークンなどを全員が手に届く範囲に置き、
スタート地点となるダンジョンの入り口をマスターが設置、そこにプレイヤーキャラの
コマを置いたらゲーム開始。

ディセント03
これがゲームボード。
マンション・オブ・マッドネスと違い、ダンジョン内は扉で区切られており、
そこをキャラが開けるまではその奥の形状がどうなっているかはわからなくなっている。
ちなみにダンジョン横にあるお城のタイルは冒険者が途中で戻る事で、
体力の回復や、ダンジョン内で手に入れたお金を使い買い物などができる街を意味
している。

ディセント04
キャラが扉を開けた際、マスターはそこから通じる次の扉までの空間、及びそこまでに
点在するモンスターや障害物、お宝などを設置する。
モンスターがあらわれた時から、マスターのターン時にモンスターをキャラクターに
けしかける事ができる。

ディセント05
キャラクターの所持武器やモンスターには射程範囲を呼ばれるステータスがあり、
互いにそこに相手が入り込んだ時に攻撃宣言をおこなう事で、相手にダメージを
与える事ができる。

ディセント06
攻撃宣言の後、装備している武器カードに描かれた色のサイコロを振る。
出た目にともない、命中判定やダメージ値が決定される。
また特殊トークンを消費する事で振るサイコロを増やし、ダメージを加算させる
事も可能。

ディセント07
ダンジョンの内部がだいぶ広がってきた……!

また、敵モンスターの中には他とは色合いが違う物が存在する。
それは同種のモンスターよりもステータスの高い敵を意味する。

ディセント08
赤いスパイダーがあらわれた!
ちなみに奥の扉にはカギがかかっており、ダンジョンのどこかに眠る
『ルーン』と呼ばれるアイテムを見つけないと扉を開く事ができない。

ここまでは主にプレイヤーサイドからの説明だったが、もちろんマスターにも
手番はまわってくる。

ディセント10
マスターの手番時にはモンスターの移動や攻撃の他にこういったアクシデント
カードを使用する事で、プレイヤーキャラに直接被害を与える事もできる。
しかもカードの使用に関してはプレイヤーの手番中でも割り込みで使用できる
ので、プレイヤーはマスターの動向を気にしながらのプレイを強いられる。

以上を繰り返しダンジョン内部を探索していくわけだが、
大抵のシナリオでは特定のボスモンスターを倒せば目的は達成される。
逆にマスターはプレイヤーキャラを倒す事で手に入る勝利点を規定数集めれば
勝利できる。

ディセント09
ついにボスモンスターである『ジャイアント』を発見した!
勝敗の行方はいかに?



レビュー:
※まず前置きとして、このゲームにはプレイアビリティの向上した第二版が発売
されており、そちらでは拡張版も複数出る程の人気を呼んでいる。
なのでここでのレビューは初版での感想と思って読んでいただきたい。


重い、重すぎる。
もう、いい加減にしろと言いたくなるようなレベルの重さである。
ルールの細かさやコンポーネント管理の多さもそうなのだが、
なによりも気になったのがキャラが扉を開ける度にマスターが一々、
ダンジョンの続きを組み立てなければならないところがいただけない。
慣れれば短縮できるのだろうが、不慣れなマスターではこの作業だけで
5分、10分のゲームストップを余儀なくされてしまう。
これではゲームテンポが著しく乱れ、ぐだつく原因になりかねない。
実際、相方と2人でシナリオ1をプレイしたところ、二日間にわたる
計10時間を有してしまった。
終わりの頃にはどちらも精魂尽き果てて、マスターである自分も早く終わらせる
事だけを考えるあまり、アクシデントカードの存在をぶん投げる始末となった。
もちろん、TRPGらしさを出す為に実際に足を踏み入れるまでは内部の構造が
わからないようにするという演出もわかる。
しかしその為にマスターにのしかかる作業の多さや、場のしらけ具合が増して
しまうのだ。
また、モンスターコマの造形が素晴らしいのは結構だが、
マス目の大きさに合ってない物がある為、並べて設置する際にやりにくいという
大味な部分もある。

これは完全にTRPGに慣れ親しんだ人、ないしはボドゲが好きで好きでたまらない
完全なフリーク向けゲームである。
ボドゲ初心者がうかつに手を出すと、かなり後悔するレベルかもしれない。
また、先にも述べたがこのゲームには第二版が存在しており、
それ『専用』の拡張まで出ているのにも正直閉口する。
自分などは拡張まで遊びつくそうとは考えていないので、拡張の存在は
そこまでダメージが大きくないが、もしこの初版を買った人がいて、
もっと遊びたくなった場合は、改めて第二版とそれ用の拡張を買い直さなければ
ならない。
正直このゲームは値段は高い部類に入る。
この初版に至っては1万近くかかったのに、メーカーとしてはすでに
無かった事扱いになってしまっているのだ。
こうしたユーザーのお財布に優しくないメーカーの対応は、正直どうかと思う。
もし、このゲームにこれからチャレンジしたいと考えている人は、
それ相応の覚悟の元で何度も遊び倒して経験を積んでいただきたい。
少なくともちょっとした合間に遊べるレベルのゲームではないので、
普段から遊ぶメンツを決めておき、全員でゲームに慣れ親しんでいく事が
求められるだろう。
冒頭でも述べたが、ここに出したルールは全体の半分にも満たない。
覚える事、慣れなければならない事は山のようにあるのだから。

ディセント11
コンポーネントの1つであるスキルカード。
プレイキャラ選択時に、ランダムで入手できるもので、
探索中に発動させる事で様々な力が働き、冒険者を助けてくれる。

ディセント12
こちらは宝箱カード。
ダンジョン内で宝箱を獲得した際に引くことができる。
中にはお金だったり探索に役立つアイテムだったりが入手可能。



スポンサーサイト
ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:ディセント | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。