ビブリオスの記事一覧│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

スポンサードリンク

ビブリオス 

2014/02/24 19:02/Mon
ビブリオス01
デザイナー:スティーブン・フィン
プレイ人数:2~4人


修道院の影響力を高めるには、蔵書の強化は外すことができない。
修道院長は、権力者への徹底したアピールにも余念がないよう、
計画を進めていた。




少人数でも競りゲームの魅力を味わえると評価の高い今作品。
元はデザイナーが個人制作として売りだされていた、所謂同人作品だったが、
デザインの素晴らしさからメーカーからお声がかかり、商業作品へと進出した。

ビブリオス02
このゲームはカードゲームではあるが、付属として小さなボードと5つのダイスが
ついてくる。
ボード上には5つの分野が色分けされており、その上にダイスを置く事で
各分野における現在の勝利点が一目でわかる仕様になっている。
ダイスの目はゲーム中の変動により、その都度、目を変更していく。
ちなみにダイスは便宜上の物なので途中でダイスを振ってその乱数を見るといった
事にはならない。

カードは大きく分けて3種類。
「分野カード」「通貨カード」「教会カード」がある。

ビブリオス03
分野カードには、各分野の価値が数値によって描かれている。
プレイヤーはこれらのカードを集め、ゲーム終了時に各分野の中で
最も高い価値数を集めたプレイヤーにその分野の勝利点が入ってくる。

ビブリオス04
通貨カードは、ゲーム途中で始まる競り(後述)に使用する。

ビブリオス05
教会カードは、各分野の勝利点を増減させる効果がある。
このカードを使い、自分の集めている分野の勝利点を増やしたり、
逆に相手が集めていそうな分野の価値を下げたりする事ができる。

普通、カードゲームとは手始めにゲームに使うカードをあらかじめ分配したり、
場に並べたりする物だが、このゲームではその段階からゲームはスタートする事となる。
まずは全てのカードをよくシャッフルし、1つの山にしてプレイヤー全員の中央に
セットする。

ビブリオス06
手番プレイヤーは、参加プレイヤー+1枚のカードをめくり、それぞれのカードを
自分の手札、競り用のカード、対戦相手への手札にそれぞれ分配する。
この時注意すべき事は、カードは1枚めくる度にこのアクションをおこない、
1度分配し終えたら、やり直しができない点である。
つまり、今引いたカードがこの後で引くカードよりも重要であるか、
その時にならなければわからず、ここでジレンマが効いてくる。
分配が終えたら次のプレイヤーも同じく山札を分配していく。

ビブリオス07
引いたカードは青(顔料)の3だったので迷わず手札にした。
青の分野を狙うチャンスだ。

ビブリオス08
ぐおっ!次のカードは同じく青の4カードだった!
さっきの3のカードとの交換はできないので、大人しく競り用にまわすか、
対戦相手に配るしかない……。

以上を繰り返し山札がすべて分配されたら次のフェイズとして競りが始まる。

競りでは、先ほど全員で分配した競り用のカードを上から順番に公開していく。
公開されたカードに対し、プレイヤーが1人ずつ手札からどれだけの通貨カードを
出せるかを競っていく。

ビブリオス09
このあたりはよくある競りのシステムそのものである。
当然通貨カードが出せないとか、カードそのものが必要なければ降りても構わない。
全員が降りたら、その中で最も高値の通貨を出したプレイヤーがその分野カードを
獲得できる。

ビブリオス10
また時に競りに通貨カードが公開されるパターンもある。
この時は通貨カードではなく、手札の分野カードを何枚出せるかで競り合っていく事
となる。
この場合、カードの数値ではなくあくまで何枚出せたかが競りの判断となるので、
自分に必要のない分野カードはここで利用するのが基本的な戦略となる。

ビブリオス11
分配にせよ競りにせよ、教会カードを獲得した場合、
そのカードは手札にならず、その場でカードの効果が発動される。
カードを獲得する権利を得たプレイヤーの判断で、各分野のどれに効果を使うかが
決定され、カードに描かれた数値分、ダイスの目が増減される。
ゲーム中盤から後半にかけてはこの効果が大きな意味を持ってくる。

ビブリオス12
こうして全てのカードが競り終えた時点でゲームは終了。
プレイヤーの手札の中で、最も価値数の合計の高かったプレイヤーに、
ボード上のダイス目分の勝利点が加算され、その合計の最も高かったプレイヤー
の勝利となる。



レビュー:
通貨カードの競り落としにカード枚数を判断基準にした事で、
各分野の1カードですらもその役目をしっかり与えられているデザインは素晴らしい。
このシステムのおかげで手札に腐ったカードが生まれにくくされている。
渋目のコンポーネントも大人のゲームといった雰囲気作りに一役買っており、
商業ベースになるべくしてなったというのも頷ける作品である。
1プレイもだいたい30~40分あたりと時間的にも気軽に遊べる
おすすめしたいゲームである。

スポンサーサイト
ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:ビブリオス | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。