Fate/Ace Royalの記事一覧│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

スポンサードリンク

Fate/Ace Royal 

2014/03/06 16:01/Thu
Fate/Ace-Royal01
販売元:KADOKAWA
プレイ人数:2~8人


勝ち残った者にどんな願いでも叶える事が約束された『聖杯戦争』。
君は強者揃いの『サーヴァント』を使役し、
この戦いを勝ち残る事ができるだろうか。




何気なくネットを漁っていたところ、「TYPE-MOONエース」の
広告を見かけた。
なんでも新しい号にオリジナルのカードゲームが付録に付くのだという。
昔からこうした雑誌の付録に目のない管理人は、喜び勇んで本屋へと
駆け込んだ。
そして先日、封切りされた『ホビット 竜に奪われた王国』を観に行った
帰りに、聖杯戦争へと相方を巻き込んでみた。
まずはゲームに使うカードの種類を説明する。

Fate/Ace-Royal02
1つは英霊カード。
いわゆる『サーヴァント』と呼ばれる存在で、
原作同様にプレイヤー(魔術師)は、彼らを呼び出し、
自分の代わりに戦い合わせる事で勝敗を決める。
カードには英霊の基本ステータスやコストを払う事で起動できる
特殊能力などが記載されている。

Fate/Ace-Royal03
2つ目はクラスカード。
自分の英霊がどのクラスに当たるのかがこれで決まる。
英霊とクラスカードはランダムでの決定となるので、
原作と違う組み合わせとなってもゲーム的には問題はないが、
納得がいかない場合、プレイヤー同士の話し合いなどで
組み合わせを決めても構わない。

Fate/Ace-Royal04
3つ目は礼装カード。
自分の英霊に装備させる事で英霊の力を強化したり、
新たな特殊能力を与えたりする。

Fate/Ace-Royal05
最後はシーンカード。
原作中に登場する様々なシーンを切り抜いた内容で、
瞬間的な効果を好きなタイミングで発動させる事ができる。

Fate/Ace-Royal06
プレイヤーは英霊&クラスカードをランダム、ないしは任意で決定した
後に、礼装、シーンカードを混ぜてシャッフルした山札から4枚を手札
としたらゲーム開始。

このゲームではいくつかのステップを巡回する事で進んでいき、
各ステップにおいて任意あるいは強制的に処理をおこなう事で
戦いを進めていく。

まずはライズステップとドローステップ。
ゲーム中、場に並んだ英霊、クラス、礼装カードが横向きになる場合がある。
その時は自分から戦闘に参加できないなどの制限がかかるが、
ライズステップではそれらの横向きになったカードを本来の向きに
直す事で再び使用する事ができる。
ドローステップは文字通り、共通の山札からカードを1枚引き、手札とする。

Fate/Ace-Royal07
次に儀式ステップ。
ここでは手札の礼装カードを1枚だけ場に出したり、
裏返しになっている英霊&クラスカードを公開する事で
追加のドローがおこなえる。
ゲーム準備の段階で決定した自分の英霊&クラスカードは、
誰にも見せずに裏返しの状態で場に伏せておくのだが、
これを公開する事で手札補充を早める事ができる。
また、すでに設置した礼装カードなどの中に儀式ステップ中のみ
使用できる効果などもここで起動させる事が可能。

次は遭遇ステップ。
前の儀式ステップで、なにもおこなわなかった場合のみ発生するステップで、
手番のプレイヤーは6面ダイスを1つ振り、1の目が出た場合、強制的に
他のプレイヤーとの戦闘が発生する。
戦闘の処理に関しては後述。

次は戦闘ステップ。
遭遇ステップが起こらなかった、または遭遇ステップで1以外の目が
出たらここに飛ぶ。
ここでは任意のプレイヤー1人を選択し、その英霊に対して戦闘を宣言
する事となる。

Fate/Ace-Royal08
カードの効果などで戦闘が回避されなかった場合、戦闘が成立し、
互いの英霊&クラスカードを公開する。

戦闘の処理方法は互いの英霊カードの最終的な攻撃力&防御力を比べ、
その差の分だけ相手にダメージを与える方式となる。
まず攻撃を仕掛けた側が、直接攻撃と魔法攻撃のどちらで勝負するかを
選択。
それぞれの英霊の攻撃力(防御力)に、クラスカードの補正分を加え、
他に礼装カードやシーンカードなどでの修正があればそれも反映した数値で
ダメージが通ったかが決定する。

Fate/Ace-Royal09
例えばこの場合、アルトリアのステータスは「直接攻撃6」「直接防御5」
「魔法攻撃3」「魔法防御3」になるが、ここにクラスカード分の補正が入り、
「直接攻撃6+3=9」「直接防御5+3=8」「魔法攻撃3+1=4」
「魔法防御3+5=8」が基本ステータスとなる。
ここに他のカードによる修正があればそれらも加わった数値が決定値となる。

ダメージが通った分だけ相手の魔力トークンは失われ、
これが0になった場合、そのプレイヤーは即座に敗北となり戦線を離脱する
事となる。

Fate/Ace-Royal10
コストを払う事で特殊効果を発動させる事で状況を変える事も可能。
うまく使おう。

Fate/Ace-Royal11
シーンカードは礼装カードと違い、一度きりの使い捨てカードではあるが、
自分の好きなタイミングで使用させる事ができるので、相手の意表をつく
事もできる。

以上の流れで他のプレイヤーを駆逐し、最後まで生き残る事のできた
プレイヤーが聖杯戦争の勝者となれる。



レビュー:
雑誌のおまけにそこまで目くじら立てるのもナンセンスだが、
ゲームの内容としては少々やっつけ感が強い。
複数のプレイヤーで1人を集中砲火すれば、そのプレイヤーは
あっという間に敗北し、後は見てるだけになるのは少々いただけない。
また原作に忠実になりすぎるが故に、システムが雑多になっているので
ルールを覚えるだけでもかなり苦労を重ねる事となる。
戦闘ステップの解決にしても、最後はシーンカードの応酬になりがち
なので、結局はカード運に左右されるのもシステムとしては雑に感じる。
ファンアイテムという位置づけにしてもこれはかなり苦しいのでは
ないだろうか。
奈須きのこ氏のファンである相方も、
「後半になるとカード効果が多くなりすぎて、管理しきれない」と
ぼやいていた。
またカードに書かれたテキストもとても小さく読みづらい。
従来TCGのテキストは、カードの文章量に応じてフォントサイズを
変更する物だが、このゲームでは最も小さいフォントを基準に作られて
いるので、カードに無駄なスペースが生み出されてしまっている。
ここだけでも改善されていれば、もう少しゲームとしてもやりやすくなる
のが残念。
カードイラスト目当てで買う人以外には、正直勧めにくい内容である。

Fate/Ace-Royal12
ゲームに使用する各種タイル。
自分でハサミなどで切り抜いて使用する。
勿体無ければダイスやトークンなどで代用しよう。

Fate/Ace-Royal13
おまけのダイス。
1の目がきのこ氏の自画像になっているのはいいが、サイズが非常に
小さく、使いにくそうである。
もっと大きな普通のダイスを自前で用意する必要があるだろう。


スポンサーサイト
ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:Fate/Ace Royal | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。