フレスコの記事一覧│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

スポンサードリンク

フレスコ 

2014/03/21 02:14/Fri
フレスコ01
販売元:アークライトゲームズ
プレイ人数:2~4人


大司教は、集められた画家達を見つめながら静かに語った。
「皆も知っての通り、今回の来訪者は我が教会の威信に関わる重要な人物だ。
何としても教会自慢のフレスコ画をお見せしたい」
「全てはお前たちの腕にかかっている。
最も働きの良かった者には、神の名においてその腕前は広く知れ渡る事だろう」




購入自体は大分前だったが、色々と事情が重なり、遊ぶ機会に恵まれなかった。
ルールを読む限りでは難しい部類には入らなさそうだったので、早く遊んで
みたかった。
ようやくその機会が巡ってきたので、歯を痛めて若干苦しそうな相方とプレイ。

プレイヤーは華のルネッサンス期を生きる、腕のある画家である。
全員がアトリエと弟子達を抱えており、将来を期待された存在だ。
ある日、教会の大司教がアトリエを訪れ教会の天井にある巨大なフレスコ画を
修復するよう同時に依頼を受ける。
修復時に最も活躍したアトリエには、教会の力で広くその技術を宣伝して
くれるという。
当時の教会の権力は大きく、その恩恵を受けるという事は将来を約束されたも
同然である。
どの画家達も色めき立ち、さっそく作業へと取り掛かる事となる。

フレスコ02
ボード全景。
中央にあるのが件のフレスコ画。
色々な神話などの名画がミックスされたような内容。
ゲーム開始時にはタイルで覆われ、修復を進める事でタイルが取り除かれて、
徐々にその姿を現す仕様になっている。

ゲームは主に2段階に分けて進んでいく。
まずは各プレイヤーが、朝の何時に起きて活動を開始するかを決めるフェイズ。
獲得した勝利点毎に、時間を決める為のボードスペースに自分のコマを
配置していく。
早く起きれば、この後のフェイズである修復に必要な顔料の購入や、
修復タイルの選択を優先しておこなう事が可能。
逆に遅く起きれば、購入する顔料の値段が下がったり、弟子達の機嫌を損なわずに
済むなどのメリットがある。

フレスコ03
起床時間スペース。
各時間とも1プレイヤーずつしか選択できないので、
この時点でターン内の手番順が決まる。

起床時間が決まったら、今度はその日のアクションを決定する。
付属の衝立に行動ボードを設置し、その中で5人いる弟子コマを
並べていく。
1つの行動に対して最大で3人まで弟子を割り当てられるので、
必要に応じて仕事を振っていこう。

フレスコ04
衝立の裏にはゲームの手順が図で表されている。
各プレイヤー共に弟子の配置が終わったら、一斉に衝立を取り除き、
各アクションを解決していく。
アクションは全部で5つ。

①市場で顔料を買う。

フレスコ05
ボードには露店が描かれており、そこに毎ターンランダムで顔料が並ぶ。
プレイヤーは起床時間順に店舗を選択、行動ボードに置いた弟子の数だけ顔料タイルを
購入できる。
タイル1枚あたりの値段は、起床時間に描かれた通り1~4ターラー(通貨)かかる。
購入したタイルに描かれた顔料コマを獲得したら、その店はその日は店じまいとなり、
後から来たプレイヤーは残された店の中から選択する事を強いられる事となる。
どうしても欲しい顔料が店に並んだ場合、起床時間を早くしなければ店が閉まる
かもしれないが、早く起きれば起きる程に顔料の値段が釣り上がっていく為、
ここでジレンマがかかってくるのだ。

②大聖堂でフレスコ画(祭壇)を修復する

フレスコ06
フレスコ画にはタイルがかかっており、そこに描かれた内容の顔料を用意できれば
その箇所を修復できる。
先に置いた弟子の数だけ、修復が可能。
修復箇所に順番はなく、好きな所から修復して構わないが、
画像にあるように大聖堂には大司教が作業を見まわっている。
(画面中央の白いポール状のコマ)
もし、修復させた箇所が大司教の周囲8マスであれば2点、大司教の真下のタイルで
あれば3点の勝利点ボーナスがつくので、狙うならその辺りがお得である。
また、大司教は修復前に1ターラーを支払う事で8方向の好きなマスに移動させられる。
修復した箇所1つにつき1ターラーが獲得でき、差し引きゼロとなるので、
状況に応じて積極的に大司教を操り、ボーナスを狙っていきたい。
また、フレスコ画を直す以外にも大聖堂には祭壇と呼ばれる部分があり、
支払った顔料の種類に応じて得点を稼ぐ事もできる。
フレスコ画に比べ点数は低くなるが、使用する顔料の種類を自分である程度選べるので、
顔料に余裕があれば狙うのもアリだろう。

フレスコ07
顔料を支払って……、

フレスコ08
修復完了!9点の勝利点が得られた!
ただし、起床時間選択時の順番はその時点での勝利点の低い順となるので、
あまり得点に差が出すぎるとずっと手番が後回しにされてしまう。

③肖像画を描く
顔料を買うにも大司教を動かすにも金がかかる。
しかしフレスコ画の修復だけでは収支はマイナスになってしまう。
その時に必要なのがこのアクション。
弟子1人を費やし、アトリエで客の肖像画を描かせる事で3ターラーずつお金を稼げる。
兎角このゲームではお金のやりとりが激しいので、無くなる時はあっという間に
金欠に陥ってしまう。
適度にお金を稼ぐ事で、修復作業をよりスムーズにおこなっていきたい。

④新たな顔料を調合する
顔料には3種類の基本色の他に、同じく3色の上級色が存在する。
上級色はフレスコ画修復には必要不可欠だが、店に並ぶ数も少なく、
なかなか手元にやってこない事もよくある。
そんな時はこのアクションを選択し、手元の基本色を混ぜ(消費して)上級色に交換する
事ができる。

フレスコ09
色の調合表。
裏にも別の表が描かれているが、そちらはバリアントルール時に使う物なので、
通常ゲーム時には必要ない。

⑤劇場にいく
弟子達も人間なので当然感情の起伏がある。
何度も連続で早起きをさせると、ストレスがたまりアトリエを飛び出してしまう
事がある。
そんなストレスを解消させるにはこのアクションをとってやる必要がある。

フレスコ10
弟子達の感情表。
起床時間に応じて感情が上下し、「-1」のマス目に入ってしまうと、
5人いる内の1人がアトリエを飛び出してしまう。
以降、マイナスのマスを脱出しない限り、使える弟子は4人になってしまうので
それだけ他のプレイヤーに遅れをとってしまう。
劇場に弟子を1人連れていく毎に感情が2ずつ回復するので、
アメとムチのうまい上司となる必要がある。
また逆に、感情を高めてやって「+1」のマスに入るとアトリエの評判を聞いた
新たな弟子が加わり、使える弟子が6人になる。
余裕があればこちらも狙っていきたい。

ここまでのアクションを各プレイヤーがおこなったら1ラウンドが終了する。
再び店にランダムで顔料を並べて、点数の低い順に起床時間を選んでいく。
これをフレスコ画に残されたタイルが6枚以下になった時点で最後のラウンドを
おこないゲームセット。手元にのこされたターラーを2ターラー毎に勝利点1点として
換算し、最も点数の高かったプレイヤーの勝利となる。



レビュー:
必要に応じて弟子をどれだけ配置するかを考えるマネジメント能力が試される内容。
しかし、いずれのアクションも直接的な内容でとても頭に入りやすい。
修復までの流れとしては、

(足りなければ)肖像画でお金を稼ぐ⇒顔料を買う(あるいは調合する)⇒
大聖堂で修復する⇒(必要に応じて)劇場にいき弟子を労る

この流れさえ頭に入れてしまえば、ゲームに不慣れなプレイヤーでもそこそこの
勝負に持ち込む事は可能。
また、修復箇所の選択や、どの顔料を入手すべきかも大司教コマを意識する事で
問題を解決できる。
大司教ボーナスはデメリットは殆どないので、積極的に狙っていくべきだし、
それに従って大司教の周辺にあるタイルからどの顔料を集めるべきかがある程度
見えてくる。
こうしたプレイヤーに対する指針は、『チケット・トゥ・ライド』の目的カードに
通ずる物がある。
初心者にもフレンドリーなバランスがとても好感が持てるのだ。
またゲームに慣れたら、同梱の拡張を入れる事でより長く、ゲームを楽しめる。
値段は若干高く感じるが、遊べば間違いなく楽しいファミリー向けゲームの
傑作と言えるだろう。


スポンサーサイト
ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:フレスコ | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。