DUNGEON!の記事一覧│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

スポンサードリンク

DUNGEON! 

2014/04/11 15:23/Fri
DUNGEON!01.jpg
発売元:ウィザーズ・オブ・ザ・コースト
プレイ人数:1~8人


その深淵の底には眩いばかりの宝と共に、
おぞましい怪物達が獲物を求め息を潜めている。
冒険者達は、必ず生きて穴ぐらから戻ってくるという決意の元に
今日も闇の中へと姿を消していく。




マンション・オブ・マッドネス』を相方と久しぶりに遊んだら、
思いがけず相方をボコボコにしてしまう結果となり、
「このゲーム、重いしムズすぎ! もっと軽いので遊びたい!」と
ダダをこねられてしまった。
大分前に買ったまま忘れていたこのゲームを思い出し、
ご機嫌とり(笑)も兼ねて二人で遊んでみた。

このゲームを簡単に説明すると、超有名TRPG『ダンジョンズアンドドラゴンズ
の世界観をそのままに、プレイヤーは用意された4つの職業の中から1つを選び、
回廊を抜けてあちこちに広がる小部屋を巡る。
小部屋ではモンスターが待ち構えており、それを撃破する事で
様々なお宝を獲得する事ができる。
職業ごとに指定されたお宝のポイントを集め、最初にスタート地点に
戻れたプレイヤーの勝利となる。

DUNGEON!02.jpg
ゲームボード。
小部屋毎に色が違うのはレベルを表しており、レベルが高いほど強いモンスターが
現れるがそれだけ価値の高いお宝を獲得できるチャンスが大きい。

DUNGEON!03.jpg
キャラクターコマ。
衝立式で作りはチャチだがゲームの値段を考えると致し方なし。
左からローグ、ファイター、クレリック、ウィザードの職業を表している。
それぞれの職業はコマが2つずつ用意されているので一度のゲームで
最大2プレイヤーまでなら同一の職業を選ぶ事が可能。

ローグとウィザードには他にはない特殊能力がある。
ダンジョン内にはあちこちに隠し通路と呼ばれるショートカット的存在があり、
ローグはそれら隠し通路の発見が他の職業よりもやりやすい。
ウィザードは魔法カードと呼ばれるアイテムを使用し、
小部屋のモンスターを遠隔で攻撃、撃破する事ができたり、テレポートで
ダンジョンの任意の場所に一気に移動ができる。
職業を選びスタート地点にコマを置いたらゲーム開始。

DUNGEON!12.jpg
ウィザードが魔法を使う際に使うカード。
左からファイヤー、ライトニング、テレポートを表している。
魔法カードは使い捨てだが、一手番休む事で再び補充する事が可能。

DUNGEON!04.jpg
基本プレイヤーがおこなえる事は移動が中心となる。
マス目で区切られたダンジョンを1~5マスまで任意の数だけ進め、
各レベルの小部屋を目指していく。
小部屋に到達したら対応するレベルのモンスターカードを一枚めくり、
戦闘開始。

モンスターカードには各職業&魔法に応じた数値が決められており、
ダイスを2個振って、その数値以上の数を出せたら撃破成功。
お宝が手に入る。

DUNGEON!05.jpg
ミノタウロスがあらわれた!

DUNGEON!06.jpg
ファイターで攻撃!
出目が8なので無事に撃破した!

お宝カードも、それぞれのレベルにあわせたカードの山が用意されており、
そこから1枚をめくってそれが今回の獲得品となる。

DUNGEON!07.jpg
お宝は金貨の袋だった!
お宝にはそれぞれにポイントが描かれており、それを規定数分獲得するまで
探索は続いていく。

DUNGEON!11.jpg
またお宝の中には冒険中利用できる物も存在する。
隠し通路を無視してそのまま通過できる物だったり、戦闘でのダイス目に加算
される魔法の剣だったり種類は様々。
もちろんこれらにもポイントは描かれてもいる。

もし、戦闘で規定のダイス目を出す事ができなかった場合、
モンスターからの反撃を食らう事となる。
再度ダイスを2個振って、出た目に応じてペナルティを受けなければならない。

DUNGEON!08.jpg
ペナルティ一覧は説明書に記載されている。
先に手にしたお宝を奪われてしまったり、最悪スタート地点に戻されたり、
全てはダイス目によって決められる。

DUNGEON!09.jpg
また倒しきれなかったモンスターに関してはその部屋にマーキングが施され、
そのモンスターカードはボード脇に保管される。
以降、その部屋に再び訪れるとそのモンスターと対峙しなければならなくなる。

DUNGEON!10.jpg
次こそは絶対に勝ってやるぞ。

こうしてローグ、クレリックであれば10000、ファイターで20000、
ウィザードであれば30000のポイントを集め、再びスタート地点に戻れれば
そこでゲーム終了、そのプレイヤーの勝利となる。



レビュー:
購入後に説明書を読んだ印象としては「これって単なるサイコロゲーじゃん」
という感じだった為に、なかなか陽の目のみない作品だったわけだが、
遊んだ感触としてはやはりライトゲームというか雰囲気ゲームの粋を出ない
感じだった。
しかし、相方からは印象深い感想を聞き出す事ができた。

「自分としてはこれくらい軽いノリのゲームの方が楽しい」

「マンション・オブ・マッドネスがつまらないとは言わないけど、
ライトユーザーに勧めるゲームじゃないよね」


「よく、ボドゲユーザーから『もっとボドゲ人口を増やしたい』って声が
あるけど、それならもっとライトユーザーの事も考えてもらわないと
厳しいんじゃない?」


はい、まずは管理人のゲーム選定のミスが第一にあがります。(笑)
近頃は雰囲気などを重視したゲームを主に購入していた為、
どうしても重いゲームを遊ぶ機会が多かった。
確かに自分だけが楽しいでは、ボドゲで遊ぶ他の人の気持ちを
組み込めていない部分はあると思う。
これは自分にとっては反省すべき点であり、今後のゲーム購入に大いに
反映させなければならない部分だろう。

また、相方からこうした声を聞いた時に、ある事を思い出した。
以前に某ボドゲレビューサイトの記事を読んでいたところ、
「ぶっちゃけUNOみたいな子供だましなゲームより、こっちの方が
断然面白いよ!」
というレビューを見かけたのだ。
その時はあまり意識していなかったのだが、改めて思うのは
これはヘビーユーザーの「おごり」のような物なのではないだろうか。
日本には古くから遊ばれているUNOや人生ゲームがあるが、
これらは確かに海外ゲームに親しんだヘビーユーザーからすれば
物足りなく感じるだろう。
運に任せた部分が強く、戦略性やらなにやらが感じにくいところは
あるかもしれない。
しかしならば、何故これらのゲームが現在でも遊ばれているのかというと、
もちろん流通経路が海外ゲームよりも遥かに優れている部分もあるが、
(そこらのファミレスやスーパーでも売られているレベル)
気軽に遊べて、勝ち負けも気軽に終えられるからに他ならない。
これらのゲームを遊ぶ層は基本ライトユーザーが中心であり、
そうした層は基本的に勝ち負けよりも他人と時間を共有するという部分に
重きを置いた人が大多数だからである。

これは永遠のテーマなのかもしれない。

「多岐にわたるルールが生み出す戦略性の深さを、ぜひライトユーザーにも
理解してもらって自分たちの世界に引き込みたい」と考えるヘビーユーザー。


「なにが面白いのか何度も遊ばなきゃわからないゲームに長時間取られて、
その結果負けてばかりの遊びより、もっと運まかせでもいいから
すんなり頭に入りやすいゲームで遊びたい」というライトユーザー。


どちらの言い分も自分としてはある程度正当に聞こえてしまう。
どちらが正しいとかそんな事は誰にも決められない。
なぜならそれぞれが求める方向性が違いすぎるからである。

長々と語ってしまったが、
今回のゲームで、自分にはライト、ヘビーユーザー双方の『溝』みたいな物を
なんとなく感じてしまった。

※もちろんこれはあくまで管理人個人の考えであり、
このテーマについてはそれぞれに思うところはあるだろう。
しかし、もしこれを読んでいる人の中で今後ライトユーザーにゲームを勧める
予定があるならば、少しでもテーマについて考える余地が残せれば幸いである。


スポンサーサイト
ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:DUNGEON! | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。