ロストゲムマ│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

ロストゲムマ 

2016/02/13 17:47/Sat
ロストゲムマ01
制作:まどりや
プレイ人数:2~4人


前人未到の地、ア・リアーケ。
古代遺跡ビク=サイートが、その地に眠っているという。
遺跡の奥に幻の宝石が存在する事を知ったあなたは、
危険な地下への道のりを進もうとしていた……。




今回紹介するゲームは、かの有名カードゲーム『ロストレガシー』の
システムを公式に借り受ける『ロストレガシーライセンス』を元に
作られた、短時間で互いの思考を読み合う濃厚な内容となっている。
遺跡に眠る宝石を求めるといった従来のコンセプトはそのままに
ロストレガシーには無いシステムを取り入れる事で違った面白さが
味わえるとの事。
ロストレガシー自体は以前に遊んだラブレター以降興味があり、
ぜひ遊んでみたかった一品だった。
そんな折、このゲームを知り購入してみた。

ゲーム内容はラブレターやロストレガシーをプレイ済みの人には
お馴染みの、手札一枚のカードに山札から更にカードを加え、
二枚になった手札の内どちらかをプレイして処理をするシステムである。
ただしこのゲームの違いは、プレイしたカードを場に並べて
実際の遺跡を形成していくカルカソンヌチックな内容。

ロストゲムマ02
まずは各プレイヤーの中央に遺跡の中心部になる祭壇カードを置く。
カードに描かれてあるが、プレイヤーはこのカードを中心に5×5マス
になるようにカードをプレイして遺跡を構成するところからゲームは始まる。

ロストゲムマ04
ロストゲムマ03
ここに山札をよくシャッフルした後に一番上のカードを一枚裏返しに乗せ、
その後各プレイヤーにカードを一枚ずつと各色のスタート地点カード、
探索時に使うプレイヤーカードを一枚ずつ配り、赤のプレイヤーから
ゲームスタート。

ロストゲムマ05
手番が来たらまずは山札からカードを一枚引き、元からあった手札と見比べ
どちらのカードをプレイするかを決める。
カードの右上にはプレイした際に適用する効果がアイコン化されており、
状況に応じてどちらの効果を使うかを考えていく。

ロストゲムマ06
こちらが各アイコンの効果一覧。
プレイした際に相手の手札を覗いたり、カードを裏向きにプレイしたりなど
互いの動向を見極める為のアクションが複数用意されている。
ちなみに先ほどの写真を例にすると左のカードが裏向きプレイ、
右が相手の手札を覗く(2人プレイの場合、さらにもう一回手番をおこなえる)
効果となっている。
またカードの中にはアイコン効果の他に、カードを場に並べた際に適用される
特別なカードも一部存在する。

ロストゲムマ07
どこかで見たことのあるようなキャラが描かれたカード。
これらはカードの下部分に効果の詳細が書かれてあり、プレイの時に
それらの効果を適用しなければならない。

こうしてカードを並べる→効果発動を繰り返していき5×5の大きさになるまで
カードをプレイし続けていく。
ちなみにカードを場に並べる絶対条件として、上下左右のいずれかにすでにカード
が置いてあるところにしかカードはプレイできないので注意。

ロストゲムマ08
遺跡が拡大していくとやがて遺跡の四隅にカードが置ける状況がやってくる。
この時希望するのであれば、その角に自分のスタート地点を配置する事が
できるようになる。
この時の処理は、山札からカードを引くのを一回休んでスタートカードを置く事を
宣言してからカードを配置、次の手番に回す。
スタートカードを置く場所は四隅であればどこでもOKなので、自分の側から遠く離れた
ところでも宣言をしてしまえばそこをスタート地点にできる。
「この場所ならじっくりと遺跡を探れそうだ」と思ったら早々と宣言するのもアリである。
(後の展開によってはうまくいかない事も多々あるが)

こうして遺跡が完成(5×5マスがすべて埋まる)したらいよいよ探索開始。
探索順の決め方として、まずは互いの手札の左上に描かれた数字を確認。
誰でもいいので「1の人」「2の人」「3の…」といった感じに該当の数の
カードを持っている人を一人ずつ確認していく。
つまり手札のカードの数字が若ければ若いほど先に先陣が切れるシステム。
もし自分の持ってるカードの数字が呼ばれたら名乗り上げ、探索がスタートする。

ロストゲムマ09
探索が開始されたプレイヤーは、専用のプレイヤーカードを手に持ちながら各自のスタート
地点より一歩ずつ進んでいく。
進む方向は配置されたカードの道なりに進んでいき、途中で分岐点があればそこは
好きな方向を選びながら進んでいく。

ロストゲムマ10
途中に裏返してあるカードに差し掛かったらそのカードを表に向け、そこか指示が
描かれてあればそれを実行。

ロストゲムマ11
こうして遺跡内部を進んで、遺跡にある宝石(ゲムマ)まで到達できればそのプレイヤー
の勝利となる。

しかし展開によっては宝石カードが場に現れず、自分を含めたいずれかのプレイヤーの
手札として残る事もある。
その場合の勝利条件は以下の通り。

自分の手札に宝石カードがある。

一旦スタート地点からゲームを進め、別の入口から自分のスタート地点に戻ってくる。

他のプレイヤーが宝石カードを持っている。

該当のプレイヤーのスタート地点に到達する。

ロストゲムマ12
宝石カードは必ずしも遺跡に存在するとは限らないので、カード配置の段階で
相手の動向を探りどこに宝石があるのかを事前に推理しておく必要があるのだ。

探索中、無事に宝石カードまでたどり着ければ良いのだが、もちろんこのゲームでも
脱落というシステムはある。
その条件は、
①裏返しにされたカードに入っている脱落カードをめくってしまう
②進んだ先が遺跡の外に続く道を選んでしまう
③一度通った通路を再度通らなければ、先に進めない

これらの条件に1つでも当てはまった場合、その時点でゲームからは即脱落判定となる。
遺跡を進む際にはあらかじめ裏返しのカードが何のカードだったかの情報を事前に
調べておき、それらを避けて進む事が求められるのだ。

ちなみに全員が脱落した時点で、そのゲームは無効となるので注意されたい。



レビュー:
ロストレガシーは未プレイなのでプレイ済みのラブレターとの比較になるが、
システム自体はラブレターですでに一種の完成を見ているのでもちろん文句なし。
コンセプトとわずかなシステムの変更により、一層ゲームの印象がアクティブな
モノへと変化した感触だった。
「憧れの姫に手紙を渡す」から「幻の宝石を求めダンジョンを冒険する」。
この変化がプレイヤーにとってどう映るのか一つのポイントとなる感じはする。
管理人としてはテーマに対してシステムをいい感じに落とし込んでいるのでは
ないかと思う。
また、オリジナルのロストレガシーには無いらしい「カードで遺跡を構築していく」
というのも見た目の印象に一役かっていて○。
1プレイも15分~20分程度なので、空いた時間などにちょっと遊ぼうという時に
手早く遊べるところもラブレター同様の良い部分だと思った。
ちょっと変わり種のロストレガシーで遊んでみたい、という人は
ゲームマーケットなどで見かけたら遊んでみてはいかがだろうか。


記事の内容だけではわかりにくい!という人向けに同ゲームの紹介動画を見つけた
ので、こちらも参考にしてみて欲しい




ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:ロストゲムマ | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://ichwillspielen.blog.fc2.com/tb.php/100-b47e2abc

※記事との内容と著しく異なる内容のコメントはご遠慮ください。
煽りコメや宣伝等は宣言なく削除させていただきます。
コメントの投稿














xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...