ひつじとどろぼう│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

スポンサードリンク

ひつじとどろぼう 

2015/08/16 20:00/Sun
ひつじとどろぼう01
ゲームデザイン:坂下 裕一
プレイ人数:2~4人


青い空と白い雲
緑の広がる草原をちょっと探索してみましょう
でも、気をつけて!
ひつじを狙う悪い奴らが木陰から様子をうかがっています




ゲームマーケットシリーズ最後をしめくくるのは、
マップエディット型のこのボードゲーム。
マップエディット型で有名なカルカソンヌが好物の相方は
かなり気になっていたようなので遊んでみた。

ひつじとどろぼう02
各プレイヤーにはそれぞれ、自分のカードをプレイする為の
紙製ボードが配られる。
プレイヤーはこの上に自分のカードを置いて道を作ったり、
ひつじを配置したりなどで得点源を作っていく。

ひつじとどろぼう03
ひつじコマ。
フェルト生地を用いる事でひつじのモコモコ感をうまく表現している。

ひつじとどろぼう04
道や川などが描かれたカードを山札から5枚ずつ配り、
それを全プレイヤーでドラフト形式で交換していき、
全てのドラフトを終えてのちにボード上の左上にスタート地点となる
専用カードを置いたらゲーム開始。

ターンプレイヤーから順番にドラフトで手札となったカードを1枚ずつ
ボードに置いていく。
この時守らなければいけないルールとして、
①必ずカードとカードの辺が接地するように置かなければいけない
②カードに川が描かれていた場合、川が途切れるような置き方をしてはいけない
といった内容がある。
ちなみに道に関しては途切れるように置く事は可能だが、
後ほど説明する特別ボーナスに関連していく話にもなるので、
こちらもできるだけ道が続いていくように置いた方が懸命である。

カードを置いた際に、カードに道や川以外にもいくつか特殊なイラストが描かれている
場合があり、こちらも置いた後にただちに適用していく。

ひつじとどろぼう06
まずはひつじと犬。
ひつじは、描かれているひつじの数だけそのカード上に先ほどにひつじコマを設置していく。
このコマはゲーム終了時に置かれていた数×1点の得点となる。
犬は自分のボードに置かれた好きなカード一枚を指定し、そこに置かれているひつじコマを
全て、上下左右の好きな方向に一斉移動させる事ができる。

ひつじとどろぼう07
次はどろぼう。
各ボードの上には必ずどろぼうタイルという物が置かれてあり、
どろぼうの描かれたカードを設置したプレイヤーは上下左右の好きな方向を指定、
指定した方向に全プレイヤーはタイルを移動させなければならない。
もしこの時、どろぼうタイルがひつじと同じマスに移動してしまった場合、
そのひつじは盗まれてしまったという扱いとなり、どろぼうカードをプレイした人に
献上しなければならず、得点源が減らされてしまうのだ。

ひつじとどろぼう08
グヒヒ、どのひつじを狙おうかなぁ?

ひつじとどろぼう09
ひ、ひつじドロボー!
ちなみにこうして獲得できたひつじも得点源となるので、
自分のひつじは守りつつも、相手のひつじは積極的に狙っていきたいところ。

ひつじとどろぼう10
最後は小屋。
小屋はひつじにとっての安全地帯となり、この上でひつじとどろぼうが接触しても
ひつじは小屋に逃げ込んだという扱いとなり盗まれる心配はなくなる。
つまりプレイヤーは、先ほどの犬を使ってできるだけ自分のひつじをここまで運び込んだ
方が良い事となるわけだ。

ひつじとどろぼう11
こうしてカードを5枚中4枚までプレイが済んだらラウンドは終了。
山札から更に4枚ずつ各プレイヤーにカードを配り、それを元に再びドラフト開始を開始。
これを計3回、12枚のカードをプレイし終えたらゲームは終了、得点計算へと移る。

自分のボード上および、各対戦相手から奪ったひつじ一匹につき1点
スタート地点から各端にある町までを道で繋いだら描かれてある分だけ得点(5点or10点)
川が2枚以上に渡って繋がっている場合、マス目1つにつき×1点

以上を合計し、最も得点の高かったプレイヤーの勝利となる。



レビュー:
冒頭でも述べたように、このゲームを知った時は簡易版カルカソンヌ的なイメージが
あったのだが、実際に遊んでみるとかなり淡白な印象を受けた。
どうしてそうなったかを自分なりにまとめてみると、
まずボードを各個人で別に管理するところ。
カルカソンヌのように全員で1つのボードを完成させるといった展開がないので、
互いの思惑がゲームに反映されにくく、ソロプレイ感が否めない。
また、ゲームのキモであろうひつじとどろぼうについても、もう少し互いに動きが活発
であれば気持ちの上でもどうやって相手のひつじを奪ってやろうかという盛り上がりにも
繋がったのではないかと。
まあ、牧歌的なゲームであまりギスギスした展開を避けたデザイン故の事なのかもしれないが、
今ひとつ物足りなさが目立ってしまう。
厚手のしっかりしたパッケージやフェルト生地を使ったひつじなど、コンポーネントのデキは
素晴らしかった。
あとは遊ぶ人の好みにもよるので、根つめずに気軽に遊びたい人にはこのくらいがいいのかも。



ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:ひつじとどろぼう | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://ichwillspielen.blog.fc2.com/tb.php/92-8a464e6b

※記事との内容と著しく異なる内容のコメントはご遠慮ください。
煽りコメや宣伝等は宣言なく削除させていただきます。
コメントの投稿














xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。