タシュ=カラール拡張 極北の永久霜│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

タシュ=カラール拡張 極北の永久霜 

2015/11/01 10:29/Sun
タシュ=カラール拡張01
ゲームデザイン:ヴラーダ・フヴァチル
プレイ人数:2~4人


遥か北の地にてその勢力が動き出した事は、
魔術に関わる者ならば誰もが注視せざるを得なかった。
彼らにのみ許された秘術―――『氷結』。
その力は、闘技場に新たな嵐を呼び込む事となるのだろうか……。




以前にレビューした『タシュ=カラール 伝説の闘技場』に
新たな拡張が登場。
管理人は高評価、相方はいまいちな内容だったわけだが、
どうしてもその内容が気になった管理人は相方をなだめすかして
どうにかゲームに付き合って貰えたので紹介したい。

コンポーネントの内容は召喚用のデッキカード14枚に
専用の得点ボードとユニットチップ多数。
デザインは北の国をイメージした雪や氷を中心とした
見るだけでそれっぽい感じになっている。

タシュ=カラール拡張02
ボード&チップ。
北国出身だけに、やはりこちらは暑く感じているのだろうか。

タシュ=カラール拡張03
北の大地が育んだ獰猛なクリーチャー達。
小鬼が楽しそうでなにより。

タシュ=カラール拡張04
なんと女王&お姫様まで参戦。
なかなかアグレッシブな王族である。

実際のプレイ自体は従来のものと変わらない。
アクション制でゲームボードにユニットを並べたり、
それらのユニットを使って召還をおこないつつ場を制していき
タスクを達成して得点を稼いでいく。
しかし、今回の拡張で新たなルールとして登場したのが『氷結』効果である。

氷結効果の使い方は、まず氷結の能力のあるカードをプレイ。
従来であれば召喚に使われたカードは処理を終えた後にすぐに墓場行きと
なるわけだが氷結能力のあるカードは一旦プレイヤーの前に公開状態で
置かれる事となる。
そして自分のターンの間であり、かつ、他のカードの処理をおこなっていない
状態であれば好きなタイミングで氷結能力に描かれた効果を発動させる事が
できるのだ。
ただし、公開しておける氷結カードは1枚のみなので、もしすでに場に他の氷結
カードが置かれていた場合、どちらのカードを残しておくかを選択しなければ
ならない。
氷結を並べて一気に効果発動~といった戦法はとれないわけだ。
もちろん氷結効果を発動させたカードも処理が終わり次第墓場に行く事となる。

タシュ=カラール拡張05
氷結効果はわかりやすくマークで示されている。
使いどころを考え、戦況を有利に進めていくべし!



レビュー:
今回加わった氷結効果によりゲームに一層の緊張感が生まれるようになった。
効果を後のターンに残しておける事から、同ターン内におこなう複数召喚の
架け橋として期待しやすく、しかも焔カードのように発動条件もなく、アクションも
消費しないので様々なシーンでの利用が可能。
ただし、そこらへんのアドバンテージが良い為か本来の召喚カード自体の
パワーバランスは若干ゆるめで、特筆すべき特徴がない。
ゲーム慣れした経験者向けのデッキと言えるだろう。
ちなみに協力いただいた相方曰く、
「う~ん、やっぱりタスク戦は今でも慣れないなぁ。
手札カードに気を取られちゃってタスクにまで頭回らないや。
というか1枚のカードプレイにもう少し時間がかからなければいいんだろうけど……」
との事。
やはりこのゲーム、向き不向きが強いようである。


追記:
お気づきの方もいたかもだが、実は私、管理人の方でこのゲームのカードリストを公開していたりします。
この手のゲームはカード内容を吟味した上で戦法を立てたりするのが楽しいわけだが、
TCGと違って各自が自分のデッキを持っているわけではないのでどうしても持ち主に見せてもらわなければ
その内容がわからないという欠点があった。
そこでネットでいつでもカード内容の確認ができれば少しは役に立つだろうかと考え公開に踏み切っております。
↓よろしければ以下の画像リンクからでも遊びに行ってやってください。

タシュ・カラールWiki


ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:タシュ=カラール拡張 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://ichwillspielen.blog.fc2.com/tb.php/95-ca590e1f

※記事との内容と著しく異なる内容のコメントはご遠慮ください。
煽りコメや宣伝等は宣言なく削除させていただきます。
コメントの投稿














xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...