ぷよか~ど│Ich will spielen!
海外のボードゲーム、カードゲーム等を紹介しています
姉妹サイト
タシュ=カラールWiki
なんかできました。
カテゴリ



スポンサードリンク
最新入荷情報
メーカー別アナログゲーム一覧

フリート・コマンダー:ジェネシス
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:サルヴェイション
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:アヴァター
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:フォージ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
フリート・コマンダー:パイレーツ
プレイ人数:2人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/11/下旬
詳細ページはこちら
クレイジー・カート
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
飛行船の時代
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約60分
発売日:2016/07/下旬
詳細ページはこちら
セイラム
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:90~120分
発売日:2016/06/上旬
詳細ページはこちら
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
プレイ人数:3~10人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
渡る世間はナベばかり
プレイ人数:1~8人
プレイ時間:約10~30分
発売日:2016/04/27
詳細ページはこちら
東海道:祭
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約45分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ディンゴの夢
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:約15分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
キャメルアップ 日本語版
プレイ人数:2~8人用
プレイ時間:20~30分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ぜいにぃ・ぺんぎんず
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:約20分
発売日:2016/04/下旬
詳細ページはこちら
ライナー・クニツィアのシャークトレード 完全日本語版
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約40分
発売日:2016/04/16
詳細ページはこちら
ラブクラフト・レター
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:約5~15分
発売日:2016/04/上旬
詳細ページはこちら
最新コメント
検索フォーム


カウンター

スポンサードリンク

ぷよか~ど 

2016/01/18 23:33/Mon
ぷよか~ど01
制作:ものづくりや。
プレイ人数:2~4人


同色モンスターを4つ揃えると時空の彼方へ消し去る呪文、オワニモ。
このしょ~もない魔法を世に解き放った一人の少女は、
今日もライバル達と勝負しつづけるのだった。
ばよえ~ん!




ゲームマーケット来場に備えカタログをペラペラ眺めていたところ、
見覚えのあるキャラを見かけた。
我が青春の1ページとして刻まれた、魔導物語のキャラ達。
公式サイトを探ってみたところ、あの落ち物ゲーム『ぷよぷよ』が
カードゲームとして楽しめるという。
※ディスクステーションにまで手を出していた古参コンパイルファン
としては見逃せぬと、そそくさと予約のボタンを押した。

※当時コンパイルが発刊していた季刊誌。
中にCDが入っており、パソコン用のオリジナルゲームがわんさか入っていた。


ぷよか~ど02
こちらがパッケージ。
百均などで売ってそうなプラスチック製のボックスに
カードがたんまり入っており、他にトークンが1個と説明書。

ぷよか~ど03
ゲーム準備として各ぷよの置き場となる台座を並べ、そこに対応する色の
ぷよカードを1枚ずつ置く。

ぷよか~ど04
残ったぷよカードをシャッフルして山札にしてからそこから一人5枚ずつ
手札として引いていく。
カードには各色ぷよの他におじゃまぷよと呼ばれる透明のぷよカードが
手札に来る時もある。
おじゃまぷよの説明は後ほど。
適当な方法で手番を決めたらゲーム開始。

手番はいくつかのフェイズで区切られており、
①カーくんフェイズ
②ぷよ置きフェイズ
③ドローフェイズ
④公開フェイズ
の順番で処理していく。

①はカーくんゲージなる物があり、それが規定のところまで到達したら処理する
ので初回は無視。

ぷよか~ど05
ぷよか~ど07
②は手札から場にぷよを配置していくフェイズ。
手札にある各ぷよカードを、手札数の間で好きなだけ場に並べていく。
並べ方としてぷよの色に応じて対応する色の置き場に置いていく。
おじゃまぷよはどの列に並べても、他の色のぷよに混ぜておいてもOK。

ぷよか~ど06
ぷよか~ど08
好きなだけ置き終えたら次は実際にぷよを消せるかどうかの処理。
各色の置き場において4個以上同じ色のぷよが縦に並んでいたら
その列のぷよカードを捨て場において連鎖開始。

ぷよか~ど09
連鎖が始まった時に、もしその両隣(一番左右の列は繋がっているものとみなす)
におじゃまぷよが置いてあったらそれも捨てる。

ぷよか~ど10
おじゃまぷよを消した事で上に乗ってるカードが下に落ちて、
その結果、新たにぷよが4個縦に並んだら2連鎖目。
その列のカードも捨て場に置く。

この処理が全て終わったら今度は、消した列の数の分だけ山札からカードを
引いて、それを新たに場に並べ、その結果さらにぷよが消えるようなら以降、
ぷよが消えなくなるまで処理を繰り返していく。

ぷよか~ど12
この写真では緑と紫の列を消したので山札からカードを2枚引いて場に並べた。
2枚とも青ぷよだったので青の場に置いて処理が終了した。

ぷよか~ど11
ここまで到達したらあとはダメージ処理。
付属のダメージ表を元に実際に相手に与えるダメージを計算し、
相手のライフから引いていく。
ライフは各プレイヤーとも20点から始まるので、これが先に0になった
プレイヤーの敗北となる。

今回は2列の2連鎖となったので相手には3点のダメージ。
うまく場のぷよを一掃できたら追加の5点ダメージを与えられる。
そこまではなかなか難しいが、うまく狙っていこう。
(ライフ管理は独自におこなわなければならないので、別途ライフカウンターやメモ帳などを用意しよう)

ぷよか~ど13
最後に相手に与えたダメージ分、(今回なら3ポイント)カーくんゲージを
自分の側に引き寄せていく。
このゲージを最大の4まで引き寄せた状態、つまり相手からの反撃を受けずに
次の自分のターンを迎えた(①のフェイズを迎えた)場合は大きなチャンス。
フィーバーモードの発動である。

ぷよか~ど14
フェーバーモードでは、場にあるすべてのぷよカードを捨てて、
置き場カードをひっくり返す。
するとそこにはぷよがすでに3個並んだ状態で現れるのだ。

あとは②のフェイズで最低ぷよカードを1枚でも場に置けばすぐに連鎖が始まる。
おじゃまぷよの利用や、山札からの追加などが入れば大連鎖のチャンス!
相手に大ダメージを与えられるのだ。

③ダメージ処理がすべて終わったら今度はドローフェイズ。
ここでは山札からカードを手札の上限である5枚になるまで引いていく。

④では山札の一番上のカードをめくり、次にやってくるぷよが何色なのかを
全員に公開する。
あとは互いのライフが0になるまでこれを繰り返していく。

以上がこのゲームの基本的なルールとなるわけだが、これだとカード運の
強いゲームでいまいちと考える人もいるかもしれない。
(元ネタを考えるとぷよがランダムで出てくるのは普通ではあるが)
そこで登場するのがキャラクターカードである。

ぷよか~ど15
キャラクターカードは、ぷよぷよや魔導物語に登場したキャラクターが
描かれており、プレイヤー毎に一体を受け持つ。
受け持ち方はシャッフルしてランダムで決めても良いし、
全員で協議してお気に入りのキャラを指定するやり方でも良い。

ぷよか~ど16
キャラクターカードには、ゲーム中に使用できる特殊効果と使用できる回数が
描かれていて、プレイヤーは自分のターンに使用する事でゲームシステムに
介入する事ができ、ゲームに戦略性が生まれるのだ。

ぷよか~ど17
一部キャラクターには同じキャラでも効果が違うカードもあるので
色々試して自分のお気に入りのカードを探す楽しさもある。

ぷよか~ど18
また今回購入した「特別編」と呼ばれるバージョンには、新カードとして
「商人カード」という物が入っていた。

ぷよか~ど19
これはぷよぷよでお馴染みのキャラの中でも商人キャラとして登場した
キャラクターだけを新たにピックアップした物で、3種類の特殊効果の中から
好きな効果を条件にあわせて発動できる使い捨てカード。
普通のキャラカードと違うのはランダムで配られたのちに普段は裏返しておき、
使用する際に公開されるので互いにどんな効果が飛び出てくるかわからない
点である。

ぷよか~ど20
その他に選択ルールとして太陽ぷよモードという物もある。
これはカーくんゲージを専用の物と取り替える事で、プレイヤーに
太陽ぷよのカードが配られるようになる。
これは普段はおじゃまぷよ扱いとなるが、連鎖の際にこのカードを消すことで
相手に追加のダメージが入るようになり、ゲームがよりスリリングな展開となる。

ぷよか~ど21
この他に互いのダメージを相殺しあってジリジリとした展開を楽しめる
相殺モードや、3~4人で遊べるみんなでぷよぷよモードなど、
飽きさせない追加ルールがマニュアルに多数入っており、とてもお得感が高い。



レビュー:
昔、セガサターンで発売された魔導物語の中に登場したミニゲームを
実際に本当のカードゲームとして再現した意欲作。
まずこれだけでも当時のコンパイルファンからすればプレイする価値は
あるかもしれない。
管理人も当時、熱烈なおっかけをしていたのでかなりノスタルジックな
時間を楽しませて貰えた。
で、実際のゲームシステムについてだが、かなり運要素の強い内容で
ガチなアナログゲーマーからすれば色々ときつい部分が目立つかもしれない。
でもそれでいいと思う。
これはれっきとしたファンアイテムであり、当時の時間を共に共有できる
相手がいれば、キャラカードだけでも盛り上がれるというものである。
当時のコンパイルが好きだったという人は、こちらから購入して
遊んでみて欲しい。
なんとなく、私の言いたい事が伝わってくれるのではないだろうか。


ぷよか~ど23
当時のコンパイルはそりゃもう、すごかったのじゃ!
おちゃ~!


ここまでお読みいただきありがとうございます。
記事の内容が少しでもお役に立てましたら、ぜひ↓のブログランキングにご協力ください。
今後の励みになります。
人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック


スポンサードリンク

最新記事一覧


その他レビューサイト記事
Powered by 複眼RSS

↓もっと他のサイトが見たい方はこちら
CATEGORY:ぷよか~ど | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://ichwillspielen.blog.fc2.com/tb.php/99-5450dc19

※記事との内容と著しく異なる内容のコメントはご遠慮ください。
煽りコメや宣伝等は宣言なく削除させていただきます。
コメントの投稿














xx HOME xx

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...